幸せな結婚をしたいなら自分を知ること。

どうも、谷口佳奈子です。GWも折り返しですね。私にとっては、平成でも令和でも、淡々と日々を生きる、というのは変わらないようです。笑

先日、TVで「結婚して幸せって言ってる人あんまりいませんよね」と女優さんが言ってらっしゃるのを夫婦で観ていました。私は「それは確率論で、実際に幸せな人がいるならば自分もそっちに入ればいい」という考えを持っています。それに対して夫は「うんうん、幸せな人の方が少ないと思う」と言うんですよね。

私の考え方はこっち

でも、アンケートとかだと幸せって答えてる人多いんじゃない?と聞くと「それは人目を氣にしてのこともあるだろうし、幸せじゃないですなんて言うと、自分で自分の過去を否定して余計に苦しくなるから、そんなこと認められんやろ」と。確かに、納得の意見。

加えて夫は、「結婚して“こんなはずじゃなかった”という些細な違いに我慢ができなくなってきたり、子供が生まれたりして夫婦二人だけのバランスとは変わってしまったりして、負担も増えて、心から幸せって言える人なんてほとんどおらんと思う」と言うのですよ。ううむ。

なんかそれって寂しい考え方じゃないんかなーと思いながら「じゃ谷口くんはどうなん?」と聞いてみたわけです。(谷口くん=夫)「俺は日本で10本の指に入るくらい幸せやと思うで」と言っていた。あ、ノロけとかじゃなくて、これは分析に繋がります。

その時に思ったんですよね。「そもそもほとんどの人が【自分の望む状態】を理解していないまま結婚してるんじゃないか?」って。結婚すれば幸せになれるって思いすぎてるんじゃないか?って。それって昔の私じゃないか!って。笑

我が家はお互いに結婚が2回目です。1回目はほぼ同時期に結婚も離婚もしているので、離婚してから再婚までの期間もほぼ同じです。その間にお互い別の人とも付き合っているし、ダメにもなっている。その都度、理想の関係性について希望がどんどん絞られてきてたんじゃないかと今では思います。それにお互い、自分という人間について色々考えてきたというのも共通しています。

自分がどういう特性を持っていて、どんな生き方をしたいかが決まっていて、ある意味でそういう“自分”とマッチする相手を選んだのが今回の再婚だった、ということでしょうね。自分が活かされる相手、にアンテナが動いたのかもしれません。笑

「それを1回でうまくいかせようって難しいよな。色々試してみないと。」

なかなか何度も試すわけにはいきませんが笑、まだ結婚してない方はこれから選択できるのですから、それまでにしっかり【自分を知る】作業を進めてください。自分がどういう状態だと幸せを感じられるのか?これを理解することは結婚に限らずとても大切なことです。

すでに結婚なさっている方も、改めて自分を理解することで、パートナーとより良い関係が築けるようになります。(もちろんパートナーのことも理解するとベストです)

講座などではいつも言うんですが、幸せな何かを手に入れるから自分も幸せになるんじゃなくて、自分が幸せであるから幸せなものがたくさん集まってくるんです。順番が逆。すべては自分から派生していくものなんです。

だったら、逆に!、カンタンじゃないですか?だって全部自分で決められるんですもんね♪まずは、今の私が望むことって?と自分に質問してみてくださいね。そうして理解を深めていきましょう。

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ