「満たす」と「満ちる」。

どうも、谷口佳奈子です。平成最後の今日、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

3週間ほど前にこんな記事を載せました。

この中でこんなことを書いていたんですよね。

これまで流行っていた「自分を満たそう!」みたいな感じで楽しいこと好きなことやろうよーっていうイメージでそういう質問になったそうなんですが、私の中では満たすと癒すって少し違って(ちなみに満たすというより満ちるを推奨したい。この話はまた)、全てを抜き去ります。【無】になるんです。

この話はまた、と書いておきながらすっかり忘れてて、Facebookに戴いたコメントを読んで思い出しまして。笑(書くって言って忘れてるの他にもありそう)

今日は、私の中での「満たす」と「満ちる」の違いについて書きますね。

自己啓発に触れたみなさんは上にあるように「自分を満たしましょう」というフレーズをたくさん耳にしてこられたんじゃないかと思います。実際私もそうでしたし、まずは自分を満たしてから“自分らしい生き方”にシフトするもんなんだと思っていました。

そして、自分を満たすためには、食べたいものを食べる、行きたいところに行く、嫌なことは断る、といったように【何か行動を起こす】ことをきっかけとしていたと思います。もちろん、それで満たされた人はたくさんいらっしゃるでしょう。

ただ、常に自分を満たすことを考えるというのは、常に“自分の欠乏”に目を向けているということでもあるんじゃないかと。何かをしなければ満たされない、という構図が出来上がるからです。

最終的に人が求めているのは行為ではなく、その時の【感情】です。そして、私はたくさんの女性と話してみんなが一様に求めているのは【安心感】だと確信しています。みんな安心感を得るために、自分を大事にしようと考えたり、どんな自分でも愛されている実感を得ようとしています。

本来、そういう感情は外側から満たすものではなく、自分の内側から満ちていくものなんです。それが難しいから何かしらの行動をきっかけにしているんだよ、ということではありますが、「自分としては好きなことをしているのにいつまでも心がザワつく」というのは、満たせど満たせど、満ちてはいないからです。

癒すことでどんどん削ぎ落され、自分の中に安心感が満ちていく。そんなイメージで私は【満ちる】を推奨しています。安心感が湧き出て内側から満ちる感覚を知ると、不安をもコントロールできるようになりますよ。そんな生き方にシフトするきっかけが欲しい方はぜひセッションをご利用ください。