未練は時間のロス。

昨日、夫とワインを飲みながら音楽番組を観てたんですよね。夫は音楽大好き人間なので、観てると「このベースは格好いい」「このメロディのここが好き」とかテンション上がるんですけど、「最近こういう曲ほんま苦手でさ」と言ったのが、Official髭男dismやback numberのような“男目線の未練”を歌っている曲でした。

たしかに、ちょっと氣持ち悪いけど。笑 でも、そういう氣持ちもわからなくはない。特に女性は共感するであろう歌詞の内容よね。ただ、実際にそういう男がいたらウェッて思いそう。せめてイケメンなら許せるのかもしれないが。。。

私はどちらかというと、失恋を引きずります。といっても、その人への氣持ちが続くというわけではなく、その人への「なんでやー」という、恨みとまではいかなくともジットリした執着のようなものが残る感じ。引きずるとすればそれは愛ではなく、成就しなかったという嫌な氣持ちの方かもしれません。←書いてて怖いよ?

つまり次の恋愛へ進む準備はすぐにできるわけです。

話を戻して、そういう音楽を聴きながら、ふと「引きずってる時間ってもったいないよね」と夫に言うと「関係は戻らないしね」と同じ意見で。笑 そう、終わったことに時間とられるより、先の未来へ時間を使う方がどれだけ人生豊かになるか。(夫の方が私よりも切り替えが早い人)

絶対に別れない保証なんてないんだし、もしかしたらもっとフィットする相手が世界のどこかにいるかもしれない。「もっとこうしておけばよかった」という想いはどうしても湧いてくるもんだけど、それはそれ。時間は戻せない。未練に心を占拠されてる場合じゃないわよ。心の中はもっとハッピーなことで埋め尽くされてなきゃね♪

自分の大切な時間を、過去のベクトルで使うのか?未来のベクトルで使うのか?どっちが有意義だろうか。もし未練に使いたい場合は、凝縮してバッと散らそう。細く長く処理しないこと。笑 なるようになる!未練はタイムロス。じゃーねー!

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる