この世に男性は35億人いるんだから。

ブルゾン的に言えば35億。最新データが見つけられなかったんですが、数年前でも38億人くらいだそうですよ、男の人。ま、数億の差があったとて、一生で出会える男性には限りがあるから大して響きませんが。笑

恋してるとさ「もうこの人しかいない」って思ったり、失恋すると「あの人としかやっていけないのに」なんて氣持ちが沸き上がります。でも、ほとんどの人が、次の恋見つけちゃってるー!いくら「あなただけを愛してる」って言ってても、何度も結婚する人だっているし。ま、愛と結婚が繋がってるという考え方が古いですが。

世界はおろか、生きてて日本中の男性に会えるはずもありません。限られた偶然の中で、“この人”って決めてるに過ぎませんから、そこに執着するのも変な話ですよね。パラレルワールドになっちゃうけど、もしかしたら他の人と生きていく自分だって存在し得るんですから。

そう考えると、一緒にいられることは感謝でもありますが、単なる偶然でもある。だったら、別れも偶然だという可能性がある。何事も必然と捉えたくなりますが、もっとラフでいいんじゃない?♪世の中にはもーっと自分と合う人がいて当たり前です。それが、今のパートナーだったらラッキーだし、そうじゃなければまた、可能性を探してみるのもいい。

そうはいってもすぐに切り替えられないのが乙女心ってもんよね。でも、ひとつ心に留めておいてほしいのは【切り替えてもいい】ということ。すぐに次のことを考えるのは軽い女だと思われないだろうか、なんて心配は皆無です。

もし、自分が“35億人全員が好きになる女”だったなら…余裕もてるよね。笑

せめてセルフイメージはそうでありましょ♡モテる女は辛いのぉ~♡うふふ