夫の出世に興味がない。

最近夫婦で観ているドラマ(録画)は白い巨塔(唐沢バージョン2003年)です。こないだ岡田君版を観たのだけど、やっぱり我々世代(40歳)は唐沢&江口でしょ。でも、リアルタイムで観てた頃、うちの母親は「やっぱり財前は田宮二郎よ」と言ってましたね。笑

ドラマの中で教授婦人たちが、夫の活動にあれやこれやと口を挟むシーンが多く描かれていますね。夫人同士の派閥争いなんかもあったりして。働いているのは夫なのに、内助の功と言えば聞こえはいいですが、自分の地位を守るため夫に発破をかけているという感じですよねー。夫は自分のステータスを上げるための駒とも言えなくもない。。。

ドラマの中で、里見先生(江口洋介)が奥さんから「あなたは教授になりたいって思わないの?」って聞かれるんです。その時に「キミは俺に教授になってほしいのか?」と聞き返すんですよ。するとまさかの「そりゃなってほしいわよ」って返事が。ま、経済的にも余裕ができて、生活レベルも上がりますもんね。子供がいたら多少は望むことかも?

それを観た夫が「りんちゃんは、俺に出世して欲しいとか思わなさそう、っていうか興味ないもんね」って言うので笑、「そうやねー、そうしたいならしたらいいし」と返しました。ははは。だって、私が夫の仕事環境に対して何かを懇願したとて、本人の意思がなければ成り立たないし、そもそもそれはお互いの課題だし。

あと、仮に夫が私に「どっちがいいと思う?」って相談してくるなら、それは多少なりとも“やってみたらどうだろうか?”という想像をしたからで、その時は「とりあえずやって確かめてみたら?」と返すと思います。

出世に関しては(どうなったら出世なのかわからないけど笑)、ステージを上げたいという想い、理由があるなら応援するのみですね。そうじゃなくても応援してるけど。どっちゃでもいいです。笑 お互いがお互いの仕事に興味がないんですよね、多分。爆 あと、今の生活がすごく心地いいんだよなー。

皆さんはどうですか?旦那さまや彼には出世してもらいたい?

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる