2020年パートナーシップ哲学、人気記事ランキング。

ずいぶん遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

2度目の緊急事態宣言が出たり、急に寒くなったり、日本がビックリしていますが、私はいたって平和に暮らしております。(皆さんもそうであることを想像しています)

去年、月ごとに人気記事ランキングを発表していたのですが、なんだか最後の方は毎月同じ結果になっちゃって、私がつまらなかったので笑、今回は2020年の1年間で人気だった記事を発表しますね♪

早速、第1位はこちら!

月ごとで1位になることが多かったこの記事が、年間の1位にもなりましたね。

夫婦の価値観かぁ。変わる価値観と変わらない価値観もありますよね。そして、可能ならば放っておくことがベストじゃないかと思います。

というのも、我が家も夫と価値観の違いというものはあるのですが、それが減ってきたように感じるんですよ。大きな違いは残っていますが(それが人のタイプというものだろうから)、小さな違いが減ってきた。

それはお互いが歩み寄ったというよりは、なんとなく“どちらでもよくなった”のかなと思います。特に夫の方が、こだわりが薄くなったんじゃなかろうか?

上の記事に例として挙げた『お菓子を食べる順番』なんかは、夫も新しいものに手をつけることが出てきました。(あ、最近はお茶&お菓子タイムがあるもんで笑)

それと、人が緩まっていく段階で起きる(と私は考えている)“ミス”が夫にちょこっと増えてるんですよ♪もちろん人に迷惑がかかるようなことではなく、注文ミスとか美術館が開いてなかったりとか、夫婦で笑えるミス。いやー、うちの夫、ユルんでいってます♡(理由はあれだと思う)

だからね、まず一旦放っておく。次に、すり合わせたいなら理由も添える。最後に、どうしても我慢ならなければ、その瞬間もしくは永久に離れる。物理的に距離を置くのは有効手段です。いかがでしょうか。


さて、2位はこちらでーす。

運命的に偶然が重なり合うということはありますが、基本的に“運命の人”っていないと思っています。独身女性の夢を打ち砕くようで申し訳ない。笑

私が夫と再婚したとき、確かに偶然ではあったし、「ネタになりそう!」と瞬時に思ったくらい、面白いエピソードだったんですよ。←ひどい嫁

でも、彼が運命の人かというと「それは知らん」って感じです。笑←これまたひどい

だって、運命かどうかって本人がどう感じてるかでしかないし、だから上手くいくとか、だから一生幸せかなんて、全く別の話じゃないですか。

己の幸せは己で生み出すのじゃ。

逆に、自分にとってはどんな人でも運命の人になり得る、という状況であれば、超フリーダムじゃない?そのくらい肩の力抜いて「どんな人とでも幸せでいられるし、わたし、おすし」って言えるくらいの方が軽やかよね。(ごめん、昨日関ジャニ∞クロニクル観たから、おすしって言ってもうた)

そういう状態に自分がある方が、余裕を持って相手を大事にできますよ。

「この人じゃなくてもいい」と思えると、その人のことが最大に愛おしくなります。


ふむふむ。そして3位はこちら。

これ、約2年も前に書いた記事なんですよ。それが去年の3位だったんですね!わぉ。

確かに、お会いしたことのない方から感想を頂いた際、「自分を俯瞰する方法を探してて辿り着きました」と書いてくださった方がチラホラいらして、少しでもお役に立てたのなら嬉しいなぁとじんわり温かく感じたものです。

自分のことを(他の人のことも)俯瞰できるようになると、問題の沼から抜け出ることができます。真剣には考えるけれども深刻にはしない、これが人生を軽やかに生きる秘訣です。

多くのことには大して意味などありません。みんな自分で意味付けしているだけだから。

視野を広く、宇宙目線で捉えていきまっしょい。


とというわけで、2020年の人気記事ランキングでした!

いかがでしたでしょうか?「私、他に好きな記事あるけど?」みたいな感想も大歓迎です♡

ではでは、今年もよろしくお願いいたしまする~♪