妊娠を考えて2度も胃痙攣になった話。

こんにちは。本日、2020年の仕事を納めまして、今お布団の中でこのブログを書いています。(隣で夫は昼寝をしています)

最近新しく始めた仕事に関しては、メルマガに書いたところです。今年のメルマガはすでに最終配信を終えていますが、バックナンバーが読めますので、よかったらご登録お待ちしてます。

本来なら、年の瀬のご挨拶的な記事を書く流れなんですが、いつも以上にお正月感が薄くて、今日も普通のブログにしてやろうと思い笑、突拍子もないタイトルをつけてしまった。爆

胃痙攣・・・皆さん、なったことありますか?マジで死にそうに痛いんだよ。(多分、あれは胃痙攣だと思う)その時のことを思い出したので、書いてみます。ひとまず話を今に戻して。。

最近、あっちゃんのYouTube大学にハマっている夫。先日観ていたのがこの動画でした。

この本の説明の中に「心の痛みは重要なシグナルだ」という箇所があるんですよね。(①になかったら②か③に入ってます笑)

私はザックリとしか聞いてないので、脳内転換して「痛みは違和感の表れ」と受け取ってしまってたのですが、それで思い出したのが、タイトルにある“妊娠を考えて胃痙攣が2度起きた”という出来事です。苦笑

多分、まだ「子供はできたらできたでOK」と思ってた時期だから、再婚間もない頃だと思います。何度も書いていますが、子供が欲しいというよりは、妊娠してみたいという欲求の方が勝っていました。妊娠したらどんな風になるんだろう?体にどんなことが起きるんだろう?というワクワク感を持っていたように思います。

排卵後から生理予定日まで、「今回はどうかな~?」なんて考えていた頃が私にもあったのですよ、奥さん!笑

ある日突然、夜中に猛烈に胃が痛くなりました。

胃腸は強い方じゃないので、胃が痛くなる経験は結構してきてるし、お腹が痛くなるのも小さい頃から慣れています。そんな私でも、体験したことのない痛み!

ヒーーーッ!てなりました。

再婚のために転居して数カ月たった頃だったので、ちょっとしたストレスや疲れが溜まってて胃の調子を崩したのかも、と思ってたんですが、全く同じ痛みが翌月も。。。

タイミングも同じなんですよ。排卵後から生理までの「どうだろなー?」と考えている週。ただ、実際に熱を出したりもして体調がよくなかったのも影響してるのかもしれませんが、その時にこう感じたんですよね。「あぁ、これは私には不要なことなんだな」

なんというか、体が拒否してるんじゃなかろうか?と思ったわけです。もう考えるのやめな、って。

だから、やめました。

ある意味、自然に任せたわけですが、それは私の中ではもうどうでもいい件になったんです。追わない。諦めたというのとはまた違って、フワッと宙に放った、みたいな感覚。

そうしたら、次の月は何も起きませんでした。もちろん妊娠もしていません。(そして今に至る)

心の痛みは重要なシグナル。
体の痛みも何らかのシグナル。(多分)

何かしら「ちょっとストップ」という合図かもしれませんよ。

というわけで、恐怖の胃痙攣体験でした。笑

最近は排卵辺りから食欲旺盛になって、胃が疲れるというサイクルになっちゃってる。毎回唇がガサガサになって「あ、ヤベ、また食いだおれや」と氣づくパターン。←学習しろ

2021年は、体に優しい食生活を心がけまっす!

来年もよろしゅうに~♡皆様、よいお年をお迎えくださいませ。