理想の夫婦と言われて。

どうも、谷口佳奈子です。私は過去に自分の交際についてブログに書くということがありませんでした。ブログを始めた頃は失恋直後でしたし笑、その後の恋愛は不毛でしたし。爆

大学生の頃から、バイト先の社員さんと付き合ったり、新卒で同期と付き合ったり(元旦那)、その後も社内恋愛をしたりで、【隠しておく】ということがいつしか私の日常になり、彼氏の有無を聞かれても「彼氏いないんですー」と答えることが当たり前になってしまって、その後彼氏がいますと言っていい状況でもなぜか「いません」と言ってたりして、現実と言葉がなんだかチグハグな状態になっていました。

きっとその発している言葉通りにちゃんとしたパートナーシップが築けなかったんじゃないかと思います。ただ、謎めいた印象づくりには役立ってたと思いますが笑。生活感が無いっていつも言われてましたから。

だから、私がリアルタイムでパートナーシップや恋愛観について語るのは夫が初めてです。夫との馴れ初めを書いたときには周りの反応がすごかったです笑。あと、恋愛での私のキャラが皆には意外だったようでかなり驚かれました。(淡白で一人が好きだと思われがち)

で、夫とのことを書くようになってから「理想の夫婦です」というお声を頂くことが増えました。旦那さん優しいですよねとか、いつも色んなところに出かけてていいですよね、とか。そう言われるのは嬉しいのと照れ臭いのとではにかんでしまっていたのですが、最近は「はて、皆さんが考える理想の夫婦とはどんな夫婦を指すんだろう?」という興味も湧き初めました。

昨日会った友人にも言われたので「どの辺りが理想的だと思うの?」と単刀直入に聞いてみたのです。すると友人は「自然体なところかな」と。作り込んだ極端な幸せアピールじゃないところ、だそう。ふむふむ、なるほど。

確かに作り込んではいない。(ちょっと夫を良く書いてる感も否めないが笑)理想の夫婦ですね、と言われたときに思うのは、その人がうちの夫と結婚しても理想の関係にはなれないだろうなぁということ。誤解しないで欲しいのですが、決して私が良い妻だと言っているのではなく笑、人それぞれ合う合わないがあって、そのバランスがちょうどいい関係を皆は“理想”と呼んでるんじゃないかなと思うのです。

そこから私が行きついた“理想の夫婦”の共通認識って【穏やかに幸せを感じられる】ということ。自然体でわざわざ幸せをアピールしなくても伝わっているということは、みんなが私(妻の立場)に感情移入をして「あぁ、なんかいいなぁ」と感じてるってことですよね。私の様子を見て、自分もそういう結婚生活を送りたいなと少なからず思ってくれてるってことは…それ、結婚前から叶うやつや!と閃いたのであります。笑

穏やかで、毎日に幸せを感じる、これって独りのときから始められるわ!やったー!そこにプラスしてパートナーの存在があったら、もっとハッピーやん♪うん、理想の夫婦の基盤作りは独身時代から始まっている!←結論

この記事にも通ずるね。

安心は安心と共鳴するから、少しずつ自分の中の安心感を大きくしていって、もうひとつ(パートナー)の安心感と出逢った時に相乗効果が得られるように準備しておくといいですね♪自分は常に大丈夫なんだと信じておいてくださいね。それが理想の関係の第一歩だと私は思います。

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ