依存する恋愛。

【依存】いそん
他のものによりかかり、それによって成り立つこと。

世の中には様々な依存というものがあって、アルコール、ギャンブル、薬物、他にも最近だとSNS依存なんてのもある。こういった傾向を行為依存と呼ぶそうで、“特定の行為から得られる刺激や安心感にのめりこみ、やめられなくなって、日常に支障を生じている状態”を表しているらしい。

私も若かりし頃は依存しがちだったし、お客様の話を聞いていても思うのだけど、こじらせ女子の依存というのは「恋愛依存」とは違う。

だって、恋愛してなきゃ生きられないわけでもなければ、この人じゃなきゃダメという依存でもないから。タイガーウッズのセックス依存(古いな笑)みたいに、どうしてもやめられないといったものでもない。

では何に依存してたかというと【裏を読むこと】じゃないかと思う。裏読み依存。

>他のものによりかかり、それによって成り立つこと。

こじらせ女子の依存の場合、この“他のもの”はパートナーの言動、ということになる。恋愛における基準が“他のもの”にある。パートナーがいない場合は友人や親だったりもするが共通しているのは【人生の主導権を譲っている】というところ。

パートナーの言動ひとつひとつがどうあるかによって、自分の存在が成り立つかどうか、その価値を判断していた。だから、メールの返事が来るかどうか、どんな内容なのか、文字通りに受け取っていいのか、怒ってはいやしないか、自分への氣持ちはどうなっているのか、重い女と思われていないか、など常にその確認を怠らない。

脳内では軽くストーカーだ。笑

上に書かれているようにこの行為からは“刺激と安心感”が得られるのだ。毎日のように相手を観察(いや、監視だな笑)し、試すようなことをすると刺激も安心感も発生する。だからやめられないのだな。でもやっぱりそういう行為を続けると疲弊していく。心が荒むよね。

断ち切るためには別のことで刺激と安心を作ればいい。自分の楽しいことで刺激を感じて、自家発電のように安心を発生させる。外から安心を埋めなくても、内から湧き出るようにしてしまえば依存はなくなる。

安心ベースの生き方は可能

LINEの未読や既読で心が搔き乱されるような日々を送っているならば、そこに向けているエネルギーをぜひ自分のために使ってほしい。同じ量のエネルギーをマイナスに使うか、プラスに使うかで生み出されるものは全く違ってくるんだから。

監視しなくても、確かめなくても、そのままで大丈夫な日はちゃんと来る。