相手が変わるのを待てますか?

こんにちは。今日はなんだか1日ダル重でゴロゴロしてました。雨続きでドンヨリするよね。。。九州方面の皆さんは無事でいらっしゃるだろうか。早く治まってくれたらいいな。

たまに夫が「話聴いてもらってスッキリした」って言うんですよね。お客さまや女友達からそう言われたことはあっても、男性から言われるのは夫が初めてで。

でもなんか、それを聞くと、私が夫のもとに嫁いだ意味があったなぁと思うんですよね。意味や価値を求めているわけじゃないんですけど、彼にとって活力が湧くスイッチになっているなら、それって嬉しいことだなと思って。

きっと私は、相手に何かしてもらうことよりも、相手を癒してあげられる方が嬉しいのかもな。なんて改めて感じています。

でも、最初からそうだったかというと、夫も随分考え方が変わってきたし、お互いに穏やかになってきたんですよね。最初の頃は、夫の考えは不安がベースだったし、私の「どうにかなるでしょ」という根拠のない自信は、彼にとって信じられるものじゃなかったはずです。

そもそも、公務員と自営という部分からして、多少なりとも物事の捉え方は違うもので。(だからお互いに興味や尊敬が増すのかもしれませんが。)ただ、根本は似ている部分が大きいのかもしれません。大胆な公務員と慎重な自営、といえば、そのバランスがわかりやすいかも。笑

「こういう風に考えてくれたら楽なのにな」と思ったことはあります。物事を捉える時の、ポジティブとネガティブの割合が違うと、違和感が生まれますから。

でも、それを強制しようとは思わなかったんですよね。それこそ「どうにでもなるやろし」みたいな感覚で。

よく、自己啓発にハマった女性が、自分だけどんどん変化していくもんだから、パートナーが変わらないことにイライラしたり腹が立ったりするパターンありますよね。そういや、私もネガティブなメンズに疲弊したことがあったな。苦笑

確かに、そういう変化を経て「根本的に合わなかったんだ」と氣づくことは多いんです。そういう場合、別離に至る。でももし、それでも相手を大事にしたいなと思っているなら【待つ】ことって大事だなと思うんですよね。

大事、というか、それしかできないし、待つというのもコッチ目線での勝手な行動ですけどね。笑

人間関係は、人と人との“反応”で生じています。

だから、自分が変わると相手の反応が変わることは確かです。反応の大きさは、目に見えるほど大きいかもしれないし、全く氣づかないほど些細なものかもしれないけど、お互いの反応は変化しているはず。

理想の関係を目指しているなら、パートナーの反応にいちいち打ちのめされることなく、自分が理想の状態にチューニングし続けることです。そうすればその波長に合わせて、相手の波長も少しずつ変わっていくもんです。

あなたは、相手が変わるのを待てますか?

「よし、これは向こうの問題だから、一旦放っておいて、私はどんど構えておこう」

そう腹を括るだけでも、状況って大きく変わったりするもんですよ♪お試しあれ。

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる