不安が不安を引き寄せる。

こんにちは。今日から我が家の生活リズムが若干変わっちゃいました。なぜなら、夫の職場が休校となったから。来週からは全国的に休校ですね。子供は嬉しいだろうけど。笑 これで結局、親がコロナさん持ち帰ったらどうすんねん、と思いますが。ま、それはそれ、別問題か。

ウイルスより不安が蔓延してる

それにしても、なんでこんなにみんな不安に呑まれるんだろう。あんなに「マスクじゃ防げません」って言われてるのに買い占めるし、今やトイレットペーパーまで売り切れてるんだそう。絶対にいつか収束を迎えるのに、今そんなに不安になっても仕方ないよね、と私は思うのですが。

防ぐより、みんな1回罹って免疫ついた方が早く収まるんじゃね?とも思ったりします。だってね、インフルエンザだって似たようなものじゃない?お年寄りと子供は亡くなる可能性があるけど、若者は治ってる。それと同じじゃないかな、なんて…甘いのだろうか?

不安な人は不安要素を探してる

だいたいマスコミは不安を煽るのが仕事みたいなもんなんだから、それに乗せられて判断を誤るべきではないよね。というか、不安に“なれそう”な情報だけを抜き出して信じてる人が多い。前にも書いたけど、人は「ほらやっぱり」と思える素材をいつも見つけようとします。良くも悪くも、自分の考えを確信に近づけてくれるものを。

だから、そもそものベースが不安な人は「ほらやっぱり、不安だわー!」と、より一層の不安沼へと落ちていきます。恋愛で言えば「ほらやっぱり、大事にしてもらえない!」みたいな沼でしょうか。ちょっと無理矢理すぎたかな。苦笑

量子論的引き寄せを説いている、小森圭太さんの今日のブログ『意識すると拡大する仕組み』にもありました。

「氣にする」=「感染する恐れを意識する」ということになり、返って感染しやすくなるからです。

自分でそこにフォーカス当てて、「こっちこーい!確認してやる」って引き寄せてるんですよね。確認できるまで不安って続くから、早く確認したくなっちゃうし。グレーが苦手な人、早く白黒つけたいよね!笑←私はそういうところある!

不安はどうやって消すのか

不安を不安が引き寄せているなら、どうやってそれを消せばいいのよ?って、新しい不安が生まれるかもしれませんね。楽観的でいられるのが1番ですが、不安症な人はそれが難しいと思うので、「そうなってもいい」と最悪の事態を受け入れてみてください。「それも運命だ」と。抗うなかれ。そうすれば打ち消し合います。

あとは、根拠のない自信を育てることかな。私は自分が乗る飛行機は落ちないと思ってるし、私は事故に遭わないと思ってます。根拠は全く無し!(逆にうちの夫は、飛行機は落ちると思って乗れなかったらしい。びっくり)

どう育てるかというと、上に書いた「ほらやっぱり」を利用するんです。これまで不安に感じていたことを1回覆して挑んでみる。例えば不安な飛行機に「今日は絶対大丈夫」と決めて乗る。そして、それが現実になれば、根拠のない自信がひとつ増える。これを積み重ねていくと「ほらやっぱり」が不安から安心の方に傾き始めます。

安心体質にシフト可能

これはたくさんのお客様を見てきて実感しています。あんなに毎日なにかしら不安を抱えていた人が「安心感が湧いてきます。ま、大丈夫かな、って思えるんです」と仰ってるから。人はいつからでも変われます。本人が望めばですけども。

私は恋愛面での安心感がもっぱら薄かったので、それを強化しましたね。「大丈夫」という言葉が私を救ってくれたし、私もみんなに「大丈夫」って言いまくってます。なるようになるんですよ、結局ね。だから大丈夫!

安心は安心を引き寄せる

不安が蔓延するように、安心もどんどん広がります。目の前の人が不安に駆られていたら、まずあなたの安心を強めていきましょ。買い占める人は急に買い占めやめられないから。苦笑 その人たちを変えようとするのは無理だから、私たちはドシッと構えておきましょ♪

うがい手洗いはしっかり。笑 大きな声では言えないけど、地球の人口バランスが調整されてるんじゃないかなと、私は思ってしまいます。そもそも設定されてた寿命じゃないかと。もしかしたら次は私かもしれませんしね。

私たちにできることは「今を一生懸命生きる」ことだけしかないね。

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる