休むことへの罪悪感。

今年も残すところ、あと2週間。みなさん、年末年始のお休みが待ち遠しいって感じでしょうか?私もOLの頃はずっと休んでいたかったなぁ。今年は土日が重なって、年始がゆっくりですね!我が家は恒例の、車で両実家行脚してきます。笑

どうも、谷口佳奈子です。

私は来年で、個人事業主になって丸10年を迎えます。2010年にネイルサロンを開業したのが始まりです。最初はうまくいかなくて、一時期派遣OLと掛け持ちしていましたが、その後ありがたいことにネイルで食べていけるようになりました。

オープン当初はとにかく、来るもの拒まずというスタンスで、休みも決めず、予約があればお受けするという働き方をしていました。「稼げていないうちは寝る間も惜しんで働くべし、学ぶべし」と言われたこともあって、とにかく休むことへの恐怖や罪悪感が抜けませんでした。

休んでいる時間は、サボっている時間のように思っていたし、もし休んでお客様の予約希望を受けられなかったら申し訳ないという氣持ちと、その分収入が減ることへの不安も、常に抱えていました。何も生み出さない時間を過ごすことは悪だとばかりに「いつでも大丈夫ですよ!」と常にスイッチオンの状態だったんですよね。

しかも当時は、サロンに固定電話を引いていて、携帯に転送していたから、いつ電話がなるかとヒヤヒヤ(表現がおかしい笑)してて。もともと電話があまり得意じゃないので。とうとうサロンで、電話が鳴っていないのにコールしてる空耳があったときには、「あ、いかん、オンオフの区切りを付けよう」って、さすがに思ったっす!

だから、そこから定休日を設けて【休んでいい日】を作ったんです。罪悪感を持ちながら休憩するんじゃなくて、意識的に休みを作って、自分を責めないようにしたんです。不安だった売り上げも、特に変わらなかったし(むしろ上がったし)、自分のサイクルがちゃんと作れるようになりました。

あと、寝ることにも自分責めをやめました。“寝る間も惜しんで”動けてない自分、すごく恥ずかしかったんですけど、私は睡眠時間が必要なタイプなので、ちゃんと寝るようにしました。(ちょっと今は寝すぎかもしれない…ははは)

先日、お客さまとも休みや休息の話になったので、こんなブログを書いてみました。

休むことへの罪悪感がある人は、“生み出さない自分”を受け入れてみて欲しいな。どんな自分もオールOK!しっかり休むと活力も出るよ!エネルギッシュでアクティブな人に憧れるのもめっちゃわかる!でも、自分のペースってあるからね。

それも含めて【自分らしさ】です。休んでる=サボってる、成長してない、って自分を責めているなら、まずは日常をしっかり楽しんでみましょう!そうすると、休むことにも全力になれるから♪休息ばんざーい!

お休みに予定を入れるのも楽しいけど、休めない人は予定詰め込んじゃうから、ちゃんと身体を休める日を作ってみてください。最初はソワソワするけど、そのうち回復Dayの大事さがわかってきますよん。レッツ実験!


お知らせ
3月31日大阪でセッション可能です。
都内・出張・イベントDay