自分を痛めつける。

どうも、谷口佳奈子です。今日は何も予定の無いお休みだー!なんてのんびりしてたら、あっという間に夕方近くに…。時間があるときほど早く過ぎるよね。

さて、先日こんなブログを書きましたよね。食事を餌のように扱ってしまったことがある、と。

同じように、昔は色々と自分を痛めつけてたなぁと思うんです。例えばそれは言葉で、やたら卑屈めいた言い方で自分をグサグサ刺したり、ある時は、イライラが抑えられなくて腕を噛んでみたり、またある時は冷蔵庫を殴ってみたり。(文字で書くとヤバイ奴だな、汗)

大人になってから、というよりは、子供の頃からもしかしたらそういう衝動はあったかもしれません。イーッて感情が高ぶったり、思うように事が進まないとか、不安が大きくなったりとか。

自分が許せない

これがそういう行動を引き起こしてたんじゃないかなとも思います。自分で自分を「こんなやつ」なんて見方をして、そういう扱いをしてたんでしょうね。懺悔のような氣持ちも含まれているのかもしれません。

私はリストカットをしたことはありませんが、自傷行為で氣持ちが収まるという感覚は、わからなくもないなぁって感じです。一時的に救われるのかな。だけど、やっぱり自分を痛めつける行為というのは、同時に心も痛めつけてるわけだから、やらないに越したことはありません。

本来は、他の誰が自分を傷つけても、自分が自分を守ってやらなきゃね。率先して自分を傷つけてたら、そりゃどんどん悲しく寂しくなるわけですよ。

昔、自分で自分をハグするなんて寒いわ、とか思ってたけど、これって効果あると思う。自分で自分を罰する必要なんてないよね。いつまでも罪悪感を抱える必要もない。

今、この瞬間から未来に向かえばいいし、今この瞬間だけを生きてたらいいよ。さ、もう自分を痛めつけるのはやめて、のびのび暮らそう♪(あんなの私だけかもしれんけど笑)

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ