無意識をコントロールする。

どうも、谷口佳奈子です。私が「自分を変えよう」と自己改革を始めたのが約10年前、起業する半年ほど前でした。起業とマインドってどちらも影響し合っていたので、タイミングよく自分を改革することができたんですよね。

で、売上も伸びました。当時流行っていた7桁ってやつも達成しました。そして、少し必死でした笑。自分ってどこに向かってるんだろう?自分は何を求めているんだろう?ビジネスを加速させたい想いと共に、そんな氣持ちも同時にありました。

そして、自分をもっと客観的に観察しようと小森圭太さんの継続セッションを受けました。ただただ会話するだけでしたが、その中で自分が本当に求めていることに氣づいたり、「~べき」という価値感でやっていることなどを分類することもできました。

小森さんの量子論の中で「無意識をコントロールする」というのがあります。小森さんのブログや著書を読んでもらうとわかると思いますが、目の前の世界を作っているのはほぼ無意識(潜在意識)です。

人間の1日の思考回数は約6万回と言われていますが、その9割以上は無意識だそうです。だから“意識が現実化している”ということは自覚できないんですね。ただ何となく「引き寄せたー!」と喜んだりしますが、その内容が良くも悪くもそれは、その人の意識が現実に表れたということです。

だから心の奥底で、もはや無意識に、四六時中不安を抱えていたら、目の前の現実が不安な状態になるのは間違いありません。そして、そうやって現実化するから、それを目の当たりにして「やっぱりな」と確信に変わり、不安は増幅していくという仕組み。怖いぜ。

それをやめるには、そもそもの不安を消してしまえばいいのですが、考えれば「確かに不安を抱えています」とわかるのですが、日常の中で「今不安を感じるのをやめよう」なんていちいち注意できないわけで。だとすれば逆の【安心】を常に感じている状態にすればいいわけです。

無意識を何が1番大きな割合で占めているか、それが不安なのか、安心なのか、欠乏なのか満足なのか、少し観察してみてください。そして、自分が望む状態にもっていく。1番簡単なのは【体の状態をそうする】です。安心したいのであれば安心しているときの身体の状態を作るんです。これオススメ。お客様にも伝えている方法です。

でもやっぱり急には無理だ…なんて人には、無意識をコントロールするために意識を使ってもらいます。私は【思考の転換】と呼んでいますが、考えてしまうのは仕方がないとして、考える“方向”を変えるんです。ここに書いたように視点を変えることでそれが可能になります。

身体の状態を作ったり、思考を転換したりして、無意識そのものにアプローチする感じでしょうか。(ちょっと不思議な表現だけど笑)そうやって無意識の中の割合を望むもの多めに変えていくと、常に湧いている無意識が幸せ寄りになるので目の前の現実も幸せなことが起こってくるんですね。これが引き寄せです。

無意識のコントロール、やってみてくださいね。小森さんの本、オススメです。思考の転換も効き目ありますよ。(体験してみたい方はセッションへどうぞ)

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ