自分はオカシイんじゃないかと思ったことがある。

おはようございます。今朝は、夫が起きる時間に同じく目が覚めて、4時半からモソモソ動いてます。あ、十分おかしなヤツじゃん。笑

そうそう、20代の終わり頃、「私、(頭)オカシイのかもしれない」と思ったことあったんですよねー。

卑屈の極み時代、お酒を飲んで荒れたり(荒れるっていうか超ネガティブになる)、1時間起きに目が覚めるし、常に胃が痛いし、ある日なんて自宅で独り「ワーッ」て叫んだし、冷蔵庫殴って凹ませたし。え?ヤバいよね。笑

お酒を飲んで荒れる件については、母親から祖母の酒癖が悪かったという話を聞いていたので、まさか私もそうなのか?と疑ったんだけど、よく考えたら、その祖母とは血縁関係がなかったわ。(母方の祖父は3回結婚してるので笑)

でも、酒乱という名前がついたらどうしよう、と思って心療内科に出向いたことがある。

確か女医さんに、「お酒を飲むと感情が抑えられなかったりするんです」みたいな相談をしたんだったか、記憶が曖昧だけど、恐らく「なんだそんなことか」みたいな顔をしてたように思う。酒に失敗したOLが何言ってるんだって感じだったんだろうな。笑

自分でも恥ずかしいなと思うけれど、なんかそこでメーターが振り切った感じがするのよね。振り切ったからこそ、ニュートラルに戻ったというか、ニュートラルを知ったのかも。

ここに書いた先輩の言葉は、正しかったんだと思う。やり切る、ふり切る、感じ切るって大事だね。

どうして今の私は穏やかでいられるんだろう?と考えてみた。

圧倒的に違うのは、【怒りがない】ということ。

なにか起こった理不尽な出来事に関して「おいおい」と怒ることはあっても、心の中に常に巣くっている“慢性的な怒り”がない。

かつてはそれが常にあったんだと思う。特に自分へ対する怒りが。

自分に怒っている人は、他者への怒りも強い。ただそれを伝えずに保管しているから消えていかない。その怒りがふとした時に爆発する。それはパートナーに対してかもしれないし、自分責めという形で表に出るかもしれない。

とにかく自分を許すこと。赦す、の方かもしれない。罪悪感を手放すことが、自由へのカギだ。

「人間だもの」で済ましていいから、できない自分を受け入れよう。デキると思っているから、デキないときに怒りが湧く。

「私、オカシイのかもしれない」と感じているなら、それは優等生をやめるタイミングが訪れてるんだね。(ま、私はそれを感じてから数年かかってるけど苦笑)

メンタルのモヤモヤは癖か特性だから、1度観察してみてね。何か法則が見つかるはず。そしたら、それに対処していけばいいからね。

大丈夫!穏やかに暮らせる日はくるよ。

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる