こんな時だからこそ、を有効活用する。

おはようございます。締切間近な仕事があるときに限って、掃除とかしたくなるのはどうしてでしょう。笑

こんな時だからこそ

何度となく聞いたフレーズですね。こんな時だからこそ、一致団結?こんな時だからこそ、頑張ろう?なんだかね、私はコロナを敵とすることも、収束までを“戦い”と表現することも好きではないのです。もちろん医療に従事されている方や、実際に感染した方にとっては戦いなのかもしれませんが、全員が同じように「ひとつの敵に向かって結束して戦う」という意識が苦手です。

そして、変に意味を持たせることも不自然だなぁと思います。「これは人間への警鐘だ」とかね。ただの自然現象ですよ。そして自然淘汰ではないかと。人間が生き方や暮らし方を考えるきっかけにはなってますが。

何をしましたか?

こんな時だからこそ、何をしたでしょうか?そして、“何をやめた”でしょうか?

こんな時だからこそ、自分のことを中心に考えてたらいいと思うんです。今こそ嫌なことを辞められます。なんとなく続けていた習慣、楽しくない会合、断り切れない誘い、それらを断ち切るために「こんな時だからこそ」を堂々と利用するのです。有効活用です。

何かをやめる、には始めるよりも大きな勇氣が必要です。「どう思われるか」をいつも考えている人には、やめる・断る、この2つはご法度です。だから国を後ろ盾にするんです。この自粛ムードを爽やかに利用して、やめる・断る経験を積んでください。

自粛要請が出てるんだから、という確固たる理由があれば断れるし、理由があれば相手も納得してくれるでしょう。だから心強いはず。そうして、やめる・断る感覚が掴めたら、自体が収束してからも活用できます。

どんな時でも

本来は、どんな時でも自分を生きるべきです。でも、なかなかそうはいかない人は“こんな時だからこそ”を使って自分を生きる体験をしてみてください。ある意味チャンスです。

こんな時だからこそ、「こんな時だし」って言っちゃいましょう。

コロナと共に、自分らしさも収束しませんように。この状況から解放されたときには、もっと自分らしさも拡大しているはず。楽しみですね!

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる