結婚の条件として大事なこと。

どうも、谷口佳奈子です。我が家は夫婦揃って2度目の結婚です。再婚をして強く思ったのは、“結婚は生活の延長でしかない”ということでした。そんな話を書いた記事です。どうぞ!


(2018年8月のメルマガより)

満月前だったからか 
パートナーに対して 
ムムムとなってる部分の相談が 
いくつか届きました。 

(ブログ⇒ パートナーシップってなんだろう?

多いのが生活のペースについて。 

時間の使い方やタイミング 
「私ならこうするのに」 
というズレ。 

結婚する前にはわからなかった 
もしくはなんとかなるだろうと 
軽めに考えていたことが 

日々の暮らしの中で 
やっぱりどうしても馴染めない 
そんな状態になっていくことが多いんですね。 

夫ともよく話しますが 
ほんの些細な生活のズレは 
なかなか合い入れないものだ、と。 

よく 
運転を人に任せると 
ブレーキのタイミングが違うから 
イライラするっていうじゃないですか? 

あーゆーことが生活で起きてるんだと思うんですよ。 

小さな違和感がずっと続く状態。 

我慢できなくはないけど 
心身ともに氣持ち悪い感じが続く。 

解決策は?というと 
どちらかが合わせるってことになりますが 
どうしたって「キッチリしてる人」が 
合わせることになりますね。苦笑 

だから苦しくなるんですよね。 
(私ばっかり我慢して、ってなる人多し) 

時間とか、お金とか 
キッチリしてる人とルーズ(スロー)な人が 
一緒に暮らすならルールを決めておくといいですね。 

とはいえ 
お互いに「なんで?」という 
理解できない感覚の中 
すり合わせていかなきゃですが。 

我が家はどうかというと 
いつも書いているように 
夫のタイムスケジュールがあるので 
私がそれに合わせてます。 

夫からすると奇跡的なんだそうですが。 
(彼の過去の経験上。笑) 

私は 
・早寝早起き、スケジュールしっかりパターン 
でも 
・お休みにダラダラ、思いつき行動パターン 
でも 
どっちでも大丈夫なんです。 

全然合わせられる。 

私こう見えて、だいたい相手に合わせられるんですよ。 

これまでの恋愛もそうだなーって 
振り返ってて 

じゃあ、何が譲れない部分なんだろう? 
って考えたらひとつ答えが。 

【私という存在を蔑ろにしない】 

これさえ叶う相手なら 
それ以外は結構平気。笑 

誰でも突き詰めたらそうかもしれないけど。 

浮気されても戻ってくれば意外と平気だったなぁ。 

戻ってきたということは 
やっぱり私が良かったのね、と思ったから。 

だからといって疑わなくなるってことでもないですけどね。ぎゃはは 

ま、そんな経験は過去に1人しかしませんが。 
(将軍です←懐かしの) 

私も夫も 
結婚が2回目だから 
意外と大事なのは 
生活レベルでの些細なこと 
だとわかりますが 

これが初婚だと難しいのよね。 

結婚というものに大きく期待してたりするし。 

あと夫はこうも言ってました。 

「嫁と姑でもし揉めたりしたら 
 絶対嫁の味方につく人じゃないと 
 うまくいかない」 
って。 

たしかに。 

お姑さんの肩を持つのはもちろん 
どっちつかずというのも姑側と一緒だ、と 
そう申しておりました。 

そして私が思うに 
【パートナーへの尊敬】って 
すごく大事です。 

相手との上下関係ということではないけど 
パートナーを見下す視線を持った瞬間 
歯車がうまくまわらなくなります。 

前にも書きましたが 
男性って立てて立てて伸びていくと 
私は思ってます。 

策略的にというよりは 
純粋に「すごいなー」ってところを 
言葉で伝える。 

いつもありがとうって伝える。 

それだけで 
とっても豊かなパートナーシップが築けますよ♡ 

あれもこれも 
もーーーー!って不満が溜まっている人は 

1度「絶対に譲れない条件」を考えてみるといいかも。 

そして、ズレをどう修復するか 
お互いが楽しく歩み寄れる方法を見つけられるといいですね。 

これから結婚をする人は 
「生活」として捉えて 
自分の中のルールを改めて 
確認しておくといいでしょう。 

靴下を反対に脱ぐのが許せなくて、と 
離婚に至った夫婦もあるそうですよ。 

(ま、理由はそれだけじゃないと思うけど) 

(好きなら許せても 
 ちょっと嫌になったらすべてが許せなくなるよね。苦笑) 

ちなみに、私が夫と付き合う前に 
書き出した条件があった! 
↓ 
理想の男性リスト

結婚って不思議なハプニングだよね。 

p.s. 
今日給湯システムの工事があって 
「奥さん」って呼ばれたんだけど 
なんか全然馴染まなかったです。笑 

ではまたー!


生活の延長とはいえ、 「わぁ♡幸せ♡」みたいな氣持ちももちろんあります。というか、穏やかな生活自体が幸せですしね。でも、若い頃思い描いていた“新婚さん”というものは、どこか遠くへ旅立ちました。笑

年齢的なこともあるでしょうけど。再婚って、現実的になってしまうけど、期待しない分【理想と現実のギャップ】というのは生まれないですね。良くも悪くも「そうだよね」と納得します。笑

嫁姑の関係は特に問題なし(のはず)。まだ10回も会ってないです。元旦那の義母とはよく会ってましたが。(その当時、向こうの実家の近くに住んでいたので)あ、その辺を今日のメルマガに書いてみよう。よかったら、こちらからご登録ください

それではまた。