どうして拗らせてしまうのか?

新月の夜にこんばんは。谷口佳奈子です。ラジオDJ風に始めてみました。昔は新月とか満月とか氣にして願い事とか書いたりしたなぁ。完了形で書くのよ、とか色んなルールありますよね。そんな私もある意味で可愛らしいなぁと思えます。笑

そんな新しい夜にふさわしいかは不明ですが、2018年3月にお送りしたメルマガを転載させてくださいませ。女がなぜこじらせるのか?拗らせ女子のパターン2種類紹介しています。では、どうぞ。


以前、パートナーシップがすべての根幹だ、ということを書きましたけど 

最近、周りの女性のパートナーシップが落ち着いてというか 
穏やかで温かいものに変わっていて 
すごく幸せな気持ちになりますね。 

ちょうど1年くらい前に終わったマインドセットの講座に来てくれてた方も

どうやら素敵な恋をなさっているようで 
文字がすべてピンク色に見えるくらい 
とっても楽しそうです。 

やっぱり女は望む恋愛をしていれば 
精神状態は落ち着いてるものですね。笑 

そう考えてたら、昨日書いた夫の発言 
「何不自由なくという状態にはパートナーシップも含まれている」 
というのは理にかなっているのかもしれないなと思いました。 

恋愛がうまくいってるときって 
すごく安心感で満たされていて 
例えば仕事で何かうまくいかないことがあっても 
他の人間関係がギクシャクしてても 
ちょっとくらいお給料安くても 

あぁ、大丈夫、この人がいるから

と、そう思えますよね!!!←ビックリマーク多めにしとこ 

なんかね、この”大丈夫な世界”を広げたいんですよ。 

いつも書いてるけど 
安心感が絶対的にみんな欲しいものでしょ? 

で、パートナーシップでそれって得られやすい 
というか、そこが安心できない状態だと 
何やっても「めっちゃ幸せー」ってなりにくいんですよ。 

だから、素直になれないとか 
拗(こじ)らせちゃうみたいなところを 
ガラッと変身させちゃって 

もう大丈夫~! 
安心温泉入ってきまーす! 
ホカホカ 

みたいな感じにしたい。 

うーん、今回は例えがイマイチだった…苦笑 

そもそもどうして拗らせちゃうかというと 
私が知ってる限りでは 
デキる女だからなんですよ。 

もしくは全然デキないことを隠す女。笑 

デキる女はまず男性と張り合う。ははは 
能力で”良い女”と認められたいから。 

そうすると 
自分の弱さを見せるということが 
致命的な行動になる。 
(もちろん思い込み&羞恥心) 

で、デキないことを隠す女は 
ある種、自己肯定感が高いとも言えるんですが←びっくりでしょ 

自分の憧れと他者からの目線をごちゃ混ぜにしちゃって 

憧れのあの人のようにならねば大事にされない 

という謎の勘違いをしている可能性が高い。 

こっちの場合は 
もうデキないことを認めてしまうのがベスト。 
その方が可愛い。 

ありのーままでー、とかじゃなく 
女性として可愛げがある。 

私はどうしても 
女性性を開放、とか 
愛され妻、みたいなのがしっくりきてなくて 

女であることも 
愛されてることも 
当たり前の前提
として 
物事を考えていきたいんです。 

ある意味で策を練りたい。笑 

モテテクみたいな策ではなくて 
素の自分を出せる策。 

そのためには 
自分のなかの女性性、男性性のバランスを知って 
その場その場でうまく使い分けること 

そして、思考・発想の転換をうまくしていくこと 

あとは自分を欺かないこと 
自分に嘘をつかないってことね 

なんかこのあたりのことをね 
お伝えしたいのです 。


とか書いてる私も、デキる女でありたいと思っていたし、なんなら賢い部類に入ってるくらいに思ってたんですよ。いや、これがもう恥ずかしいんですけどね、この荷物を降ろしてからすっごく楽になりました。私、賢くなかった!笑

賢くはないけど、バランスをとることや直感を採用することに関しては、ちょいと鼻が利きますぜぃ♪←誰?笑

だから世の中の【こじらせ女子】たちが、どうして拗らせているかといえば、自分ではない別の誰かになろうとしているからかもしれませんね。みなさんはどうですか?心当たりありますか?

もしあるなら、素の自分に戻ることを新月の夜に宣言するのもいいですね。

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ