凸デコと凹ボコの共依存。

メリークリスマス!ここ数日めちゃくちゃ寒いですね!

うちの夫は読書が好きで、最近は何かのオススメリストから選んで読んでいるそうなんですが、ここんとこ恋愛ものを読んでいたらしく「きゅんきゅんしたわ」と喜んでおりました。乙女か。

ま、そんなことはさておき、皆さんはパートナーとどんな関係性ですか?今パートナーがいない方は、これまでの恋愛パターンに共通点ってありますか?

私は、そうだなぁ…勝手に尽くして自己価値を下げる、みたいなパターンでしょうか。笑

もちろんその時期のメンタルが大いに関わっていたわけですが、大事にされていないと感じることもありましたね。大事にされていたのかもしれないけど、それを感じ取れない自分だったのでしょう。

友人や周りの恋愛相談を聞いていると、「えー、そんな彼氏しんどいなぁ」とは思いつつも、(それを受け入れている側があるから、いつまでも続く現象でもあるよね)と俯瞰しています。

いわゆる【共依存】なわけです。

“自己卑下と高圧的な態度”のマッチングは高確率で起こります。(これは恋愛に限らず)

凸デコは凹ボコを見つけるのが上手ですし、凹ボコは凸デコに見染められてどこかホッとする部分も持っています。

尽くしがちな女性たちは「面倒な人だけど私がお世話してあげなきゃ」とか「ちょっと我慢しておけばいっか」とか「他に私を好きになってくれる人なんていないだろうし」みたいに、自分の感情を優先(ある意味では優先しているのだけど)することを避けます。

いわゆる思考のクセってやつですね。

しかも、共依存関係に自己価値を見出していることもあるため、その関係を簡単には解消できない人がほとんどです。

いつか愛されるかも、いつか大事さに気づいてくれるはず、いつか、いつか…

残念ながら、その“いつか”は訪れないんですよね。

もし、今、パートナーとの関係にしんどさを感じていたら、実は自分も引き付けている何かがないだろうか?共依存にしている思考のクセが自分の中にあるんじゃないか?と分析してみましょう。

その上で、割り切って共依存関係を続けていくか、はたまたそこから抜け出すかを決断してみては?その時こそ自分を主軸にして物事を決める感覚が味わえるはずです。

夫婦、恋人、親子、上司と部下、他にも、様々な人間関係において共依存は存在します。

どうせなら「この人がいてくれるから安心できる」というポジティブな共依存の中に生きていきませんか?^^

依存さえも自分軸で選んでいきましょ♪

ではでは、素敵な夜をお過ごしください♡ばーい!

音声『5分でサクッとマインドセット』
しなやかに生きるヒントをお届けしています。
バックナンバーを聞いてみる

感想・お悩み・ご質問を匿名で送れます。
レターBOX|ご自由にどうぞ

想いは重い、話すは放す。話して軽くなりましょ♪
トークルーム