困らせてもいいじゃない。

こんにちは。昨日スーパーへ行ったら、チョコレートをたくさんカゴに入れているおじいちゃんがいて、なんだかほっこりしました。誰かに渡すのかなぁ?単に自宅用だったりして。笑 あ、私はココアが飲みたくて行ったんですけど、純ココア売り切れててさ。「バレンタインやからやん!」って自分のタイミングの悪さに笑いました。

さて、世の女性の多くは我慢がデフォルトになっています(私調べ)。その中でもありがちなのが「相手を困らせたくない」という理由ですよね。断ったら困らせる、ひとこと言ったら困らせる、お願いしたら困らせる。常に「困らせたらどうしよう」という基準で判断してませんか?しかも特に恋愛においては「こんなこと言ったら困らせちゃうもんな…」と口をつぐむ。

もちろん、その先には「嫌われたくない」という想いがあるからなんですが。困らせる=嫌われるという方程式が脳内で瞬時に計算されています。まぁ実際に困ってる顔を見るとハラハラしますしね。苦笑

でもね、でもね?相手を困らせないようにした結果、1番困ってるの誰?自分じゃない?我慢が重なって心の中で「私ばっかり」って悪態ついて、おブスになってない?それって幸せじゃないよね?嫌われなくて済んだという安心感だったはずなのに、積もり積もって、次の不安を生んだりするしね。でた、負のループ。

ね、いいんじゃない?困らせてもさ。困らせたっていいじゃない。普段良い人がちょっとくらい困らせたって大丈夫だよ。いつも困らせたってそれはそれで“らしさ”よ。それに、実際相手が困ってるかどうかってわかんないし、みんなけっこうキャパ大きいから大丈夫。

仮にちょっと困ったくらいで嫌いになられるなら、そのくらいの関係なんだと思うよ。それを恐れて本音を出せないのもよーくわかる!わかるけども、本音を出せない関係をずっと続ける方が苦しいんだわ。困らせないようにって頑張った結果がそれだから辛いよね。

だったら1回、困らせてみたっていいじゃない?やってみる価値ありありよ。相手を信頼して、自分が思っていることを伝えてみてね。バレンタイン過ぎたけど、毎日が想いを伝えて良い日だよ。合言葉は「困らせてもいいじゃない」です!笑 レッツ実験♪


お知らせ
3月31日大阪でセッション可能です。
都内・出張・イベントDay