パートナーにおねだりをするか?

おはようございます。クリスマスが近いのに、なんだか今年はやっぱり、街に漂うワクワク感は少ないですね。私自身は毎年別にさほどワクワクしないから、例年通りんなんですけど笑。

さて、クリスマスといえばプレゼント。皆さんは何かサンタさんにお願いしましたか?

そんな年齢じゃないと?笑

では、彼氏、旦那様、パートナーに何かおねだりをしたのでしょうか?

バッチリお願いした!
サプライズ待ってる!
もうもらった!←わーい

いや、私は・・・
欲しいものがあるけど言えない?
そもそもおねだりなんてできない?

クリスマスプレゼントという理由がないにしても、日々パートナーにおねだりができる女性っていますよね?

先日、主にママ向けスタイリングを手掛けているかたとお話していたときに、「みなさん、旦那様からすんなり受け取れる方ばかりで♪」とおっしゃっていたんです。

新しいお洋服を旦那様に見せると「いいじゃん、買ってあげようか?」「うん!ありがとう♡」というい流れにスムーズに運んだり、「これ可愛い~!買って♡」と躊躇なく言える奥様が多いとのこと。

そのスタイリストさんは「私は相談せず自分で買っちゃいますけど笑」と仰ってたのですが、私もそっちタイプかな。

一時期、良いパートナーシップの条件として、相手になんでもねだれることが挙げられていました。可愛くおねだりできるかどうか、それが豊かなパートナーシップのジャッジポイントになっていたわけです。

だから、おねだりできない女性は「そっか、だから私たちはうまくいかないのか」とガッカリしたこともあるかと思います。

でもさ。

おねだりするかしないかだけで、やっぱりその2人の関係性をジャッジすることはできないと思うんですよね。

自分に当てはめて考えてみたら、私は商品が欲しいという感覚以上に“買う”という行為をしたいんだとわかったんです。買うことへの満足感が高いんだなと。

それは、自分で稼いだからというよりも、お金を使って手に入れる、というその瞬間が好きなんだと思います。もちろん、買ってもらっても嬉しいけれど、自分で選んで、自分で支払って、自分で手に入れる、その一連の体験をしたい人間なのかもしれない。

だとしたら、おねだりはしようがしまいが、関係ないさね。

もちろん、欲しがってはいけないという幼少期からのマインドもそこには影響しているかもしれませんよ?ただ、それを克服しなきゃ人生巧くいかない、とは思わないんです。

自分が満足する方でよくない?♪

これを読んだ皆さんが、おねだり下手でも、幸せになるハードルにはなりませんからご安心を。ただ、受け取り上手ではあってほしいですけどね!

最近の私は、イベントごとにもとんと興味がなくなり、プレゼントも特にいらなくて、先日夫に「誕生日も別に何も要らないなぁ。それなら毎年ひとつ、2人で使えるものを買おうよ」と提案しました。夫も大賛成!

誕生日が2月と4月だから、3月にお買い物っていうのもいいな♡と妄想して楽しんでおります。

クリスマスプレゼントを、おねだりするアナタも、しないアナタも、素敵よー♡

音声『5分でサクッとマインドセット』
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる