自分の夢は自分で叶える。

セッションでパートナーシップの話になると、人間がいかに相手を変えたがっているか、ということがわかります。もちろん私もそうだったし「あの人のこんなところが、こんな風に変われば、私はもっと幸せを感じられるのになぁ」とよく思ったものです。苦笑

でも、そもそも、そういう願望を持つのは“相手に合わせてしまう”側の人間で、向こうからすれば振り回してるつもりなどないことがほとんど。彼ら(彼女ら)が自分らしく振舞った結果、それを受け入れてある意味“勝手に”しんどくなっているだけなんですよね。

その空回り感が辛くなって、一向に変わらない相手に意を決して「こんなところが嫌だ」と言ったものの「そっか」と言われて終わるか「そんなことしてないし」と余計にギクシャクするかどっちかで、スタンスを変えようという氣の無い人にとってはなんら影響のない言葉だったりします。暖簾に腕押しだね。

何度も書いてますが変えられるのは自分だけ。そして、自分の夢を叶えられるのも自分だけなんです。残念ながら『相手を変えたい』という夢は一生叶いません。盾と矛、みたいな状態(矛盾の成り立ちね)だよね。

もう、腹くくりましょう。笑

自分の夢は自分で叶える。今思い描く理想のパートナーシップがあるとしたら、相手に望むのではなく、そこに向かうために【自分ができること】をする。その人と一生添い遂げることが重要なのか、自分が自分らしく生きること(つまり夢)が重要なのか、優先順位を考えてみましょう。

だいたい自分の方が優先になるんだけど。ははは。まずは自分が真っ先に幸せになること。これは1人でもできるから。その上で、2人ならではの新しい幸せを作っていきましょう。

あなたの夢は何ですか?

販売中
あなたを引き立てるピアス
ハヤシモWEBショップ