ひとりの時間も必要。

どうも、谷口佳奈子です。毎朝、同じ鳥が(同じ種類なだけかも)向かいの屋根に停まって鳴いてたんですが、最近来なくて寂しいです。

こないだ、久々にゆっくり休みだったと書きましたが、私は仕事も含め人と話したり会ったりする予定が続くと、独りの時間が欲しくなります。ひとりで考えたり、のんびりしたり、誰とも話さない時間を持たないと、自分の中にある集中力が途切れるのかもしれません。

上に書いた“人”には夫も含まれてます。これまでは比較的ひとり時間が多かったのですが、会社へ行くようになってから、独りの時間がめっきり減っていたので、先日のお休みは脳内リフレッシュができました。

それでも私は世の中の「ひとりでいたい」人たちに比べると、一緒にいることが特に苦でもありません。土日なんかは夫とべったりですし。そんな私でも、ひとり時間を欲するのだなぁと自分を知るいい経験になっています。

休日は旦那様と別行動という話を何人かから聴いたことがありますが、どちらかがそれに不満を持っているなら1度話し合う方がいいでしょうね。「一緒にいる意味ない」みたいに極端な考えが浮かんできてしまいますからね。

うちの夫は見ている限りでは、ひとり時間は要らない人ですね。確かそう言ってた。人という生き物が好きなのかもしれないなと思います。話すことが好きだし得意な人なので。(私は音にも疲れるのかもしれないです)

あ、何が言いたいかというと、パートナーとも価値観を共有し合って、自分に必要な時間も作れるように、お互いのバランスも整えておくと自分を抑えることなく良い関係が築けるはず、ということです。人それぞれバランスがありますから。

OL時代めっちゃ美人な先輩がいたんですけど、その方には長く付き合ってた彼氏がいて(いまは旦那様)、毎週水曜日が連絡取る日って言ってたな。毎日連絡取りたかった私からすると、長く付き合うとそういう風になるんだ!なんて興味深く聞いてましたけど。これもバランスですよね。

どういう関係が心地よいのか、考えてみることは大事ですね。

そうそう、今回の休日は夫が出張から早く帰ってきて、結局のんびり時間は短かったのだ。苦笑