夫婦でお金の共有をすると循環し始めた。

皆さま、こんにちは。コロナ禍のGWいかがお過ごしでしょうか?我が家は夫婦そろって仕事です。

さて、質問です。パートナーとお金の話ってしますか?なんとなくしづらいですか?

私は後者でした。夫婦でお金の話をするのには勇氣が要りました。自分がいくら稼いでいて、いくら貯金があって、いくら使っているのか、全て伏せていました。そして、夫のお金事情も不明でした。

なんとなく聞きづらかったし、それとなくお金の話をしたり、夫婦で保険の話をしようとしても「よくわからん」という返答になって、つい口をつぐんでしまっていました。

だから、余計に「私だけお金使ってしまって」みたいな罪悪感や、「夫はどう使ってるんだ?どう考えてるんだ?」みたいな猜疑心なんかも湧いていました。

そういう時って、出ていくばっかりなんですよね、不思議と。

それはやっぱり安心感より不安が勝っていたからだと思います。特に“全体を見通せない”という不安ってデカくないですか?私は特性的に、お金のことに関わらず、まず全体を知っておきたい人なので。時間とかも終わりが分かってると楽です。

だから、結婚してからずっと「お金のことは共有したい」と思っていました。そのためには自分から開示することも必要だなと。ただ、無理に顔付き合わしてお互いに嫌な想いをするのも変な話なので、いつかリラックスして話せるときがくるだろうと信じて日々過ごしていました。

1年くらい前でしょうか。やっぱりお金についてもう少し知識を増やしておこうと思ったんです。まずは我が家(特に夫)が掛けている保険を見直そうと、保険について調べていました。

そのときは「保険かけ直そうよ」と言っても、いつもの「よくわからん」コールが返ってきただけだったんですが、とうとう来ました。大きなタイミングが!

そう、夫の転職です。

転職を考えるにあたって、経済状況を把握する必要が出てきました(収入が下がる見込みがあったため)。そして、時を同じくして、夫が『中田大学』(中田敦彦さんのYouTube)にハマったんです(コロナの影響も大きい)。

その中にあるんですよ、お金の授業がっ!笑

いえーい!ラッキー!

収入が下がるであろう
→支出を減らす必要性
→現状把握しよう
→お互いの収入・残高は?
→今後の収支計画をざっくりと

こんな感じで、スムーズに話が進んでいきました。

そして、夫も私も支出を見直し、節約を楽しむようになったんです。

現在、これまでで1番視界がクリアです。不透明な部分がヌァイ!(無い)

すると、どうでしょうか。どんどんお金が入ってくるようになったんです。額は様々ですが、「いゃん、ラッキー♪」みたいなことが増えました。

例えば、我が家の超古い車が売れました。とある店ではゼロ円の見積もりだったのに、ディーラーさんだと〇万円に!売れてビックリですよ、マジで。15万キロ乗ってましたから。笑

次に、夫がNHKを二重契約してたことが判明。夫よ、ちゃんと引っ越しの手続きしなはれや。とは思ったものの、それ返金してくださるってことで、〇〇万円に!いやマジラッキー!5年分の貯金みたいなもんです。

他にもいつも利用するスーパーから商品券をもらったり、そこのモニターになれて年間で商品券が届くことになったり、お酒やらなんやら頂き物も増えました。

今が1番潤ってる。笑

これは確実に「安心感」の賜物だと思ってます。お金についてお互いがオープンにできたこと、2人で共有できたこと、それによって将来の話をしやすくなったこと、夫も私もなんだかんだホッとしたんだと思います。(私は特に)

もしできれば、皆さんもお金のことは共有してみてください。2人で協力する、2人で未来を考える、ということができる安心感は絶大です。お金が有るから安心、無いから不安というよりも、そんな氣持ちも分かち合えるということが1番大きな安心です。

人は安心すると状態が良くなります。そうなると同じ波長のものを引き寄せますから、ますますイイ感じの毎日になるんです。

ぜひぜひ、身近な安心から築いてってくださいね。(ま、私も結局数年かかりましたけど笑)

ではでは~!レッツ実験ですね。