自分が自分を受け入れることから始まる。

今日は朝から、鏡やら洗濯機やら、後回しにしがちな部分を磨いてやりましたぞ。スッキリ!お天氣が悪いと、身体が重く感じたりもするから、お掃除で心身ともにリフレッシュできるといいですね♪

さて、昨日書いた記事にもあるように、恋愛って【自分が自分をどう扱っているか】がよくわかるなぁと思います。

そのままで愛されたいなんて思っていても、そもそも自分自身が“そのままの自分”を愛してないのであれば、相手からの愛を感じられることは少ないように思います。どうしてかというと、仮に相手はあなたのことを「まるっと愛してくれている」にも関わらず、あなたがあなたを受け入れられていなければ、相手からの愛を信じられないからです。

「大事に想ってるよ」と言われても「本当に?そんなこと言っていつか離れていくんじゃないの?」とうい疑念を通して、言葉が捻じ曲げられて、最終的には突っぱねられます。そして、離れるだろうという予測が現実となり「ほら、やっぱり」と、【自分は愛されない女なんだ】という確信を深めます。

結局は、愛されないのではなく、愛されると思っていない、だけなのです。そして、そのままの自分じゃ愛されないんだ、と“そのままの自分”を出す勇氣もないうちから諦めます。単純に恐怖が勝ってしまってるんですが。

相手の愛をもって、自分の存在価値を確認しようと躍起になりますが、力が入るあまり、嫌われたくないモードに入って、結局自分らしさなど出せず、相手の心を裏読みする日々が始まります。

逆よ、逆。

まず、自分で自分を受け入れるんです。価値は自分自身の中で確認ができます。ただそこに居ていいんだという安心を体感することを意識してみましょう。

相手の反応でそれを確認するということは、常に誰かがいなければいけないし、その相手が変わればまた確認が必要になります。そんなこと本当は必要じゃないし、そもそもすべて自分フィルターを通してみているので、もはや確認も正確ではないわけです。

見たいように見ているから。

だったら、変動しやすい方法ではなく、変わらない物差し、つまり自分の感覚を使う方がいいでしょう。確実だよ。(こういうところつい数学的)

こんな私でも大切にしてくれる人、を探すのではなく、こんな私とピッタリの人♡、を探すだけです。だから、“こんな私”を理解して、受け入れて、常に出しておかないと、ピッタリかどうか相手からもわからないですよ。

まずは、自分で自分を受け入れることから始めましょ♪そして同じようにまるっと受け入れてくれる人と人生がともに出来たら、こんなにハッピーなことはないですよね!

GO!GO!