理想のパートナーシップとは?

どうも、谷口佳奈子です。先週、今週と、森美術館まで足を運んでは長蛇の列に打ちのめされて帰ることを繰り返してまして(その展示はもう諦めて笑)、今日はゆっくりデートしてきました。動物園へ。動物園ってこの歳になってもテンション上がりますね。ははは

さて、タイトルの【理想のパートナーシップ】ですが、みなさんにとって理想の恋愛、夫婦ってどういう関係ですか?

セッションでパートナーシップの相談があったときには「では、旦那様とどういう関係を望んでいるのですか?」と質問すると、案外出てこなかったりもします。その時に思うんです。「パートナーシップ、うまくいってないと“思い込んでる”だけじゃないかな?」って。

私もそうですが、今はあらゆるところで“パートナーシップが重要”という言葉を書いている方も多いですよね。(書きすぎたので、こんな記事も↓)

一般的な【理想の夫婦】って、チャーミーグリーン的な(古い笑)いつも一緒に、そこそこスキンシップもあって、みたいな感じなのかなーと。で、自分たちがそうじゃなかった場合に「うまくいっていないんだ」という勘違いも起こり得ると思うんですよね。

勘違いというのは、必ずしもその関係性が自分の理想とは一致していないのに、社会通念としてみんなが信じているものを理想と掲げているってことですね。

要は【他者と比べるのはナンセンス】ってことです。理想は自分自身でしか決められないし、そうじゃないと意味がないから。あとは自分の特性がどうかってことですよね。ベタベタしたくないとか、独りの時間が凄く大事だ、とか。

どんな関係性が心地よいのか?

この答えがあなたにとっての“理想のパートナーシップ”ですよん。