取り残されるのが苦手。

この週末はゆっくり休んだおかげで、わたくし回復いたしました!笑 ストーリー(インスタグラム)に「1人だとお腹空かない」ってあげたら、「私も同じですー」と返信くださった方がいました。そういう人にはオススメです、料理男子。

土曜日は夫が作り置き(というか残っていただけ)のトマトソースでお昼にパスタを作って食べました(麺茹でるだけだもんね)。夜はざる蕎麦の予定でしたが(こちらも麺を茹でるだけです)、お腹空かないなーってダラダラしてたら21時半頃になって「あ、やっぱりちょっと食べようかな。ざる蕎麦…うーん、またパスタにしよう」と昼夜連続パスタでした。笑 食へのこだわりの無さ!爆

って、私の食生活の話を書きたいんじゃなくて。

ライターの仕事は一応会社へ行っているのですが、最近連続して人が辞めていってます。OL時代の頃のように、チームの繋がりが濃いわけじゃないので、そういう寂しさはないのですが、なんとなく“取り残された感”があるわけです。「置いていかないで」って氣持ちでしょうか。

これ、なぜか私は強いみたいで、特に一緒に歩いていて先に行かれたり、以前は自転車で引き離されたりすると、その感情が強く出ました。置いていかれること、というよりは、“振り返ってもらえない”ことへの不安や寂しさが湧いてくるんだと思います。

結構前に、夫と珍しく電車で出かけました。昼間にお酒を飲んだんですが、ちょっと飲み過ぎてしまって、どうも夫は頭が痛くなったようです。駅から自宅までを急いで歩きました。ちょっと距離があるんですが、バスやタクシーもうまく見つからず歩くしかなくて。

私は今の家に、というか関東に、引っ越して1年くらい経ってましたが、普段使わない駅で、自宅までの道をあまり覚えていませんでした。でも夫はどんどん先に行っちゃう。「待ってよ」という寂しさが怒りに変わりかけたとき、私の嫌な面が出ます。

わざと遅れて、はぐれてやろうと思いました。

振り返った時に姿が見えなければ、きっと彼は焦るだろう、と。確かLINEでも「待って」と送ったんだけど、それでも氣づかなかったから、小さな報復です。←怖い。笑

結局、私の方が先に家に着きました。おそらく、夫は少し道を戻って私を探したんだと思います。今思うと、「ほんまごめん!」です。ただ、「待って」と素直に伝えようにも、物理的に距離が開いてしまったことが、問題でした。というか、道なんてスマホで調べればいいだけだね。

取り残される感じがすごく苦手、というのはその後伝えたように思います。そういうシチュエーションが無いので、次に同じことが起きるかどうかもわかりませんが、もしまた先にグングン行かれたときは冷静に状況を観ようと思います。(あとはヒーリングしておこう)

嫌な氣持ちを、嫌な表現で伝えようとするのって、可愛げないよねー。反省。

退職、という現象から思い出した数年前の私でした。拗ねたって仕方ないですな。ははは


お知らせ
3月31日大阪でセッション可能です。
都内・出張・イベントDay