プレゼントへの反応。

どうもー。たにぐちかなこでーす。朝から海で泳いできましたー。「日焼けとか嫌いそう」ってよく言われますが、好きではないですが、海へはドボンと浸かります。泳ぎは好きなので。シュノーケリングのゴーグルを研ナオコみたいにはめて(わかる?鼻がぐいってなるよね)、魚をたくさん見てきました!

ってそんな話は置いといて。最近は夫の帰りが早いので(夏休み期間中)、私の帰りに合わせたスケジューリングになっているらしく、お洗濯物も畳んでくださって(感涙)、お料理も私がお風呂に入ってる間に完成するというところまで下準備がされてて、早くから晩酌タイムが始まるという、ありがたき幸せ!(世の奥さんたちが聞いたら、怒られそうなくらい楽させてもらってるかも)

夫とは飲みながら色んなことを話しますが、昨日は“プレゼントをもらったときの反応”についてでした。先に言うと、うちの夫はプレゼントを受け取ったら、一応「ありがとう」と言って、すぐにどこかへ置きます。笑 “一応”と書いたのは、彼のなかでは喜びの表現なんですが、多分、多くの女性が観たらこう思うところです。

え!なに!?全然喜んでないやん!もっと喜んでよ!もっと「ありがとう♡(ぎゅー)大事に使うね♡(ちゅっ)いやー、ほんとに嬉しい♡(もっかいぎゅー)」みたいなん無いの!?喜んでくれると思って選んだのに!私からのプレゼントそんなに粗末に扱って!嬉しくないの!?それって私のこともそんなに大事じゃないってことよね!!!

です。笑

そうそう、手紙を添えても「これ、もういいよね(捨てて)」って感じで、たまに一応机の上に一時保管してたりします。(多分私が前に言ったのかな。でもね、結局私も自分で捨てるのよ。笑)

以前も書きましたが、夫は喜びの表現があまりありません。楽しいとか嬉しいとかお互いにちゃんとあるし、テンションも上がるし、一緒にいて、無表情ってことはないですけど、大きな感情の揺れがないって感じですかね。

それを知ってるから、「ま、そういう人だしな」と私も流せますが、流せない女の人の方が多いだろうなぁ。実際にそれで何度も怒られたそうですから。苦笑 ←その話で盛り上がった晩酌タイム。「そりゃ怒られるわ」って。ひゃひゃひゃ

夫の特性もわかるけど(私もシンプルイズベストな人間だし)、その元カノたちの氣持ちもよーくわかる。期待するんですよね。“喜んでもらえる自分”でありたいわけだし。結局拗ねちゃったんでしょね。私も、人には特性があると知らなかったら、そして存在価値を他者で確認していた昔の私だたら、同じようにスネ腐っていたことでしょう。

今となっては、お互いのクセみたいなこともわかるし、プレゼントという行為にあまり重きを置いてなかったり、単純に年齢が上がって、多少のことはどうでもよくなってますね。笑

そりゃ喜んでくれたら私も嬉しいですけど、それって“私の尺度”での表現でしかないから、各々違う喜び方を枠にはめるということがナンセンスですしね。例えばタモリとルー大柴がそれぞれプレゼントもらって反応したときに、どう考えても同じテンションで表現しないじゃないですかぁ。

「あぁ、ども。ありがとう。」
「イエイ!センキュー!トゥギャザーしようぜ!」

みたいに、違うと思うんですよ。(あくまでも私の妄想です)でもつい女子は、ルー的表現を求めがちですよね。トゥギャザーしたがりますよね。余韻が欲しいんすよね。

わかるよ!

だけども、タモリにルーは求めちゃだめだ。崩壊する。タモリをタモリのまま活かすか、ルーを求めるならタモリを手放すか、相手に求めず自分の行動を変えるのみ。

なんだか変な例えでしたが、プレゼントへの反応、というお話でした。みなさんはどうかなー?ふふふ

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる