仲良しだから不満はない?

おはようございます!なんと3日もブログ抜けてしまいましたー(謝)まいっか。笑 ようやく太陽も顔を出してくれて、洗濯三昧の日々です!(最近は早く帰宅した夫が洗濯物を畳んでくれてて超ありがたい~♪)

よく私は「理想の夫婦です」と言って頂くのだけれど、もしかしたら、“価値観がすべて一致している夫婦”だと勘違いされてる方もいるのかなぁと。笑 人間同士、他人同士が一緒に暮らしているわけですから、仲良しだとしても不満がないとは言い切れませんよ。ははは

たしかに、うちは仲良しです。自分たちでもいまだに驚くくらい「仲良しやなぁ」とつい言ってしまうくらいです。かなり不思議です。でも、おそらく小さな瞬間に「おいおい」とはお互いになっていると思うんです。言うときもあれば言わないときもあるよね。

結婚に憧れを抱いている人は、この小さな不一致が全くないのが“理想の夫婦”だと思っているのかもしれません。それって不可能じゃね?既婚者のみなさーん(ブラジルのみなさーん的な)、どうですか?仲良しだけど不満って出てこないですか?

動物の本能でいうと、より自分とかけ離れている相手をパートナーに選ぶのだそうですよ。それは種の保存という目的を達成するため、強い遺伝子をつくるためです。だから、いちいち価値観が違うわ!って思ってる人は、本能に従って相手を選んだのかもしれませんね。

そう考えると、うちは似ているところも多いので、やはり子供がいないというのも納得か?

私は前回の結婚でも、伴侶と仲良しではありました。周りからも仲が良いと言われていました。それはただの【友達】になっちゃってたのかもしれないな。だから、心のひっかかりは取れないままだったし、それがあるから他の事まで受け入れられなくなったり。

仲が良いのはいいことですが、案外すぐにかなうこと。それよりも【自分がパートナーシップに何を求めているか】が崩れない関係を保つことが大事ですよね。わがままを聞いてもらおうということじゃなくて、自分がどう在りたいか、が実現できる関係。

自分らしさと、それを壊す環境(不満)。そのバランスが崩れたときに、自分らしくないパートナーシップへと傾き始めます。生活の中に怒る小さな不満が、我慢に変わって、限界値を超えた時に、女の人は爆発するんじゃなかろうか。

そうなる前にね、ちゃんと状況を整理しないとね。考えを伝えてみるとか、伝わらない相手の場合はどうするか思案してみるとか、冷静になって客観的に観てみましょ。我慢をわざとしていることもありますしね。(相手に大きなダメージを与えてやるために)

仲が良いから我慢する、は逆です。仲が良いからこそ腹割って話せるはず。心に引っ掛かりがあるなら、爆発する前に一旦伝えてみましょうね。レッツ実験!

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる