不快な情報は遮断しちゃおう。

こんにちは。今日は大粒の雪が降ってびっくりしましたね。私は今日からの関西行きを延期して、自宅でオンライン仕事してました。元々家が好きですが、ますます在宅にハマりそうです。

こんな状況なので、焦りに直結する情報がバッシバシ流れてますよね。「他に流す映像無いんかい」と思うくらいに、テレビではマイナスな情報がほとんど。そういった情報に、触れても流されない人、不安が浸透する人、そもそも触れていない人と、反応は様々です。

ついでに言うと、それよりも私が好きじゃないのは、“誰かの発信”をシェアして“自分の不安”を拡散する行為。誰かが「こうしましょう!」と書いたことを、「ほら、こう言われていますよ」と、いかにも「みんなで共有しましょう!」と言わんばかりの勢いでシェアしていること。

そういったものも含め、目に入って不快な情報は遮断しちゃいましょう。情報を入れておかないと不安だから、って人はこれまで通り、目にも耳にも入れてていいかと。でも、見れば見るほど、聞けば聞くほど焦る人は、いったんそのルート断ち切ってみてくださいな。心に安寧が訪れるはず。

これは、今みたいな状況に限らず、「こうなりたい」という目標を持っている場合にも陥るジレンマ。情報を仕入れて活用したいと思っていたのがヒートアップして、情報に溺れはじめ、他人と比較して、焦りばかりが募ってくる。そんなときにも情報の遮断は有効です。

快・不快の感覚を研ぎ澄ませることはとても大事です。好きを実感するには、嫌いを知ることが大切なんです。自分らしく生きるために必要な感覚。そして、その感覚に従って選択を続けることで、望む人生が創れるというのがこの本にも書いてあります。

不快をスルーしないこと。不快をきちんとひろってやること。そして、自分にとっての不快をしっかり認識して、対処することが大事。自分の内側から安心感を広げていきましょう。私もそうします。みんなで「大丈夫~」って輪を広げていきましょう。ねっ

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる