自分らしさって見つけるものじゃなく取り戻すもの。

昨日初めてNHKの『ガイロク(街録)』という番組を観ました。世の中には、こんなに素晴らしい人もいるんだなぁ、と人の優しさに感動。私はその人たちのように大きなことはできないけど、それでいいの。小規模でも、私と関わる人たちが幸せであれば大満足だな。

さて、“自分らしさ”“自分軸”という言葉が注目を浴びてからずいぶん経ちますね。最近では“働き方改革”ともリンクして、ますます「自分らしく生きるには?」「自分らしい仕事とは?」みたいな意識も強まってますね。(改革は本当に時短だけでいいのか?)

私もこれまで「自分らしいって何だろう?私らしさ…うーん?」と悶々とした時期がありました。どちらかといえば昔から自分らしくは生きてきたので笑、特に恋愛に関しての【私らしさ】が発揮できないまま20~30代を過ごしてきました。え、約20年?数字にすると長いね。苦笑

セッションなどでお客さまが「わぁ、そういうことか!」と、その人なりの“自分らしさ”に触れた時、表情は明るくなり穏やかに和らぎます。それは、自分らしさが見つかった喜びではなく、素の自分に戻った安心感があるからです。

自分らしさって、新しく見つけるものじゃなくて、取り戻すものなんです。すでに自分の中にあるんだもん。“らしさ”って持って生まれたもののはず。それが他人に迷惑をかけるかどうかは置いといて笑、自分そのままで生きらている人って、自分のこと好きだと思うんだよね。だから下の記事で書いたように「その人といるときの【自分が好きかどうか】」という問いかけは、【自分らしく振る舞えているか】という意味でもあります。

「自分を好きになれないから困ってるんじゃん!」という人は、本当にひとつも好きなところって無いのかな?ちょっとくらいは「こういう自分は良いかも」ってところあると思うんだなー。せめて「ここはまだ受け入れられる」くらいでもいいから。まずはそこを伸ばして広げていこう。それだけで、自分らしさの割合が増える!

「本当はこんな人になりたい」という想いがあって自分を好きになれない人は、その憧れは近づけるものなのか、特性などによって自分には不可能なのかを見極めよう。例えば私だったら、たくさんの人と初対面でも笑顔でコミュニケーションが取れる人に憧れがあるんですが、これは死ぬ勢いで頑張ればできるかもレベル笑。若い頃はそんな人と自分を比べて、「私ってダメだ」と落ち込んだりもしましたが、今となっては、特性的に難しいのだから必死の努力はしなくても“大丈夫”と理解できています。

あ、あと昔やった一人旅も無理だったね!つまらなくて早く帰りたかった。爆笑 そういう“無理めの変身願望”を早く手放す秘訣は【実際にやってみること】です。そしたら、納得するから。笑 GOGO!

自分らしさって見つけるものじゃなく取り戻すもの。

少しずつ思い出したらいいんだよー。そして、それを表に出していく。←ここが勇氣いるかもしれないけど、自分のこと嫌いなまま死んでいくくらいなら、勇氣出してドキドキする方がいいよね。一瞬だもん、ファイト!

自分のこと嫌いって言う人は、もしかしたら、自分のこと好きって言いたくないだけかもね♪きゃはっ!ではねー。

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる