体感から欲しい感情を得る、とは?

おはようございます。夫が作るサングリアは、「もうちょっと飲みたい」と思う絶妙な量で仕込まれています。(2人で400mlらしい。計ってるからね。)昨日はこの“もうちょっと飲みたい”を実行に移してしまい、フルーツなしのワインをもう1杯。そしたらやっぱり朝胃が重いよねー。そんな谷口佳奈子です。←え

さて、先日こんなブログを書きました。放棄するわけにはいかない状況で、どうニュートラルに戻すかという話でした。

ブログを読んでくださったご本人から、質問BOXにお返事が届いてました。ありがとうございます!

ブログで取り上げていただいた主婦です!大変丁寧なご回答でとても嬉しくなり、読んだら涙が出ました。メモしながら考えながら、じっっくりと読ませて頂きました。

飽和状態で止まれなくなっている、とまさにピタッときた表現でした。そこで初めて私は止まってはいけない、止まっている私には価値がない、と思っていた事に気がつきました!海外赴任という夫の人生の転機があり、娘の人生をより良くと思って育児をし、さて、自分は?という所で自分で自分を追い詰めていた部分もあったんですね。

私は頑張っている自分もすごく好きなので、このまま継続しつつ、適度に休み、だらだらしようかな、しても良いんだなって思えました^ ^

体を楽しい状態に持っていく→楽しい感情が出てくる、とかなこさんは書いてくださってましたが、たまたまなんですが、昨日ちょっと休憩で自爪にしてたネイルを綺麗にニューセットしたんです。手も足も。そしたらだいぶモヤモヤが減り、スッキリして余裕ができました。そこに、かなこさんのブログを読んで、あー、体を楽しい状態に持っていくと心も楽しくなるってこういう事か、とストンと心に落ちました。

直感に従ってオッケー!なるようになる!仕事はいつからでもできる!と言って頂けて、さらにスッキリしました^ ^

多分またモヤモヤする時があると思いますが、かなこさんの言葉を思い出して、それすらも楽しめるように、人生を楽しみます^ ^

ありがとうございました!!

“止まっている私には価値がない”これこれ!多くの日本人が持ってる感覚~!私もかつてはそうだったので、よーくわかります。ネイルを新調したことでスッキリしたとのことで、なんだか私も嬉しいです♡今日はこの「体を楽しい状態にする」という部分をもう少し詳しく書いていこうと思います。

体感から欲しい感情を得る

人が最終的に求めているのは【感情】です。安心したい、喜びたい、幸せを感じたい、どれも心の豊かさを欲しています。仕事をしたい、お金が欲しいということでさえも、その先にある氣持ちと繋がっているんです。

でも多くの人が物質面から充填していこうとするので、なかなか思うような現実にたどり着かないか、達成するのに時間がかかってしまいます。

では、その感情を先に手に入れられたら?早くも目的が達成されます。それが逆に望む現実を引き起こすことになるんです。(ここが量子論のキーポイント)

例えば、最終的に求めている感情が“ワクワク”であるならば、上の方のように“自分がワクワクする”行動をとって、心を満たしてしまいます。どんな方法でも構いません。感情が共通していればOK、他の方法でもワクワクを得ることができます。

自分はこうなりたい→その時の感情は?、こんな風に「どの感情を求めているのか」をまず考えてみてください。それがわかったら、「じゃ、その感情を得られる、“いま”できることは何だろう?」と探してみるんです。そして大事なのはそのときの【体感】です。

腹が立つ、胸が痛い、腑に落ちる、など、感情を表す言葉には体の一部が入っていることがほとんどです。つまり、何かを感じているときには“体が反応”しているんです。それをうまく利用して、先に体の反応を起こす(体感する)ことで、求める感情を引き起こしちゃうんです。

自信が欲しいなら、自信をつけたときの自分はどんな体の状態だろう?を想像して、「胸を張っている」「顔を上げている」「姿勢がいい」など、それを普段から意識します。いま自信がなくても!笑 そうすると感情が追い付いてきます。自信が追っかけてきてくれます。

他にも、例えば恋愛関係で、ホッとしたい、が求めている感情であれば、いま自分にできる“ホッとしたときの体感”をやっちゃいます。彼氏との関係を穏やかにしたい→ホッとする、という順番を、いま自分がホッとする→関係まで穏やかになる、という風に逆転させるんです。自分が先、感情が先、つまり体感が先っ!

体感から欲しい感情を得て、現実を変化させていく。これ、なかなか現実味ないと思いますけど笑、騙されたと思ってやってみてほしいな♪レッツ実験!

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる