頼られて喜ぶ生き方から離脱しよう。

頼られると嬉しいヒツジ(動物占い)の私が、こんなことを言っても説得力がないかもしれないが。笑 ⇒ 動物占い60分類、あなたはどのタイプ?

まだ頼られて喜んでるの?

誰かに相談されると、水を得た魚のように活き活きする。「頼りがいがある」は褒め言葉で、生きる指針でもある。

でも、たまに、心のなかで「めんどくさー」なんて感じたりもする。それでも、引き受ける。

期待に応えて、いや、期待以上に頑張って手にした相手からの感謝が、自分の評価ポイントとなる。でも、それは永久ポイントではなく、期間限定ポイント。期限が来ると消失してしまう。

ポイントの補充が必要だ。

「話聞いてほしいんだけど」「これ、どうしたらいい?」「お願いしてもいい?」

キター!ポイントGETのチャンス!

評価ポイントの浪費を防ぐ

ポイント=自己評価とすると、自己否定によりそのポイントは消費されていく。しかも、答えの出ないその自己対話は、ポイントの浪費とも言える。

しかも、自己評価が低いタイプは、他者からの評価しかポイントとして加算されない。

自分を変えるよりも、他者からの感謝を得る方がポイント化が早く確実であるため、そのサイクルから抜け出せない。

浪費(自己否定)が多ければ、獲得(頼られて応える)を増やさなければならない。止まれないハムスターみたいだ。

下手すると、ポイント獲得のチャンスを自ら探し回るようになる。人の不幸、不安を餌にし始める。メンタルが落ちている人を嗅ぎ分ける能力はグングン上がる。

自分らしく生きたいと思っているのにね。

そんなとき、まず意識して欲しいのは、評価ポイントを多く得るよりことも、浪費ポイントを減らすことだ。

頼られることは止められない。だって、もう当てにされてるからね。そこは急に断る必要もないし、うまいこと捌いていけばいい。

その代わり、浪費を減らそう。それでポイントを保持しておける期間が延びれば、自己評価を下げずに済むし、獲得に奔走する必要もなくなる。

そのためには、「役に立ってドヤ」という価値感を見直さなきゃいけない。そんなところで自分をアピールしなくてもいいよ。

頼られるより頼れ

頼られて喜ぶ生き方をしてきた人への起爆剤として【頼ること】が挙げられる。

これはきっと怖いはず。

だって、人に迷惑かけないことが美徳だからね。頼るなんて、人の道に外れる、くらいの感覚だったりするんじゃないかな。苦笑

でも、頼ってくれる人のことは好きでしょ?

みんな同じなんだよ。

誰かの助けになりたい、というのは多少なりとも人には備わっている。

それを極度に求めると、上に書いたようにバランスが崩れるけれども、「お互い様」の範疇であれば、頼り頼られることは人間の自然な営みだ。

自然体で生きよう。

あなたがそのまま受け入れられる世界で暮らそう。あなたがすべてを受け止める必要はない。それがあなたの価値じゃない。

頼られて喜ぶ生き方をしてきた人は、頼るくらいでちょうどいい。

あなたの新たな一面を見られて、きっと周りの人は喜ぶよ。

頼られて喜ぶ生き方からは、今日で離脱しよう。

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる