こう思われたくない、それこそがあなたの姿。

こんにちは。こないだテレビで、林家ぺー師匠が出会った人の誕生日から、その日の曜日を当てるってのをやってたんですけど、ほとんどの人が自分が何曜日に生まれたか知らないから、合ってるのかどうか不明というオチでした。笑 私は日曜日生まれです!

さて、今朝、こんな話をしました。(インスタライブの音源をYouTubeにアップしたもの)

人にどう思われるかって事例に、私のことを話してるんですけどね、「バカにされたらどうしよう」ってことを言ってるんですよ。爆

で、氣づいたんです。私は私をバカだと思ってるんだな、って。

というか、以前、月星座の話を書いたことがあるんですけど、そこにもあるように、私はどうにか“賢いわたし”を見せようと必死だったわけです。実際には必死だったというよりは、そこに自分の価値があると思い込んでいた、という感じです。

だからこそ、こう思われたくない、という部分には、その守りたい自分像が影響しているんだなと実感したわけです。今朝の自分の発言でね。

自然にできちゃうことって、他の誰からも覆せない事実じゃないですか?だから、「そうじゃないってバレたらどうしよう」なんて思ったりしないですよね。

ケチだと思われたくないなと感じるなら、自分をケチだと思っているってことだし、ブスだと思われるんじゃないかって怖さを感じるなら、多少なりとも自分のことをブスだと思ってるってことです。

こう思われたくない、の“こう”に入る言葉が、自分で自分にかけている言葉なんですね。

みなさんは、どう思われたくない、ですか?

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる