女は後から好きになる。

どうも、谷口佳奈子です。DEAN & DELUCAって、ディーンさんとデルーカさんが開いたお店って知ってました?それをカンブリア宮殿で知った時に夫が、「日本人が名前2つ並べてもカッコよく聞こえないのに、ディーンアンドデルーカってオシャレやもんな、やっぱり外国やな」と言ってたんです。しかも「チャゲ&飛鳥みたいな」というボケ例えつきで。

こんなアホみたいな話で夜ごと盛り上がっている谷口家です。

うちは結構仲良しです。愛情表現としてのスキンシップも多いと思います。(これはお互いの価値観が一致している部分、ラッキー)お互いのエネルギーチャージみたいにもなっているのかも。

で、よく「仲良しやなぁ」って自分たちのことを客観的に話すんですが、昨日夫が「どんどん仲良くなってない?」と言ってました。その瞬間に「あ、私が好きになってるからや」と思ったんですよね。前に比べてね。

女の人って後から好きになりません?好きが増していく。付き合いたてよりも、日を追うごとに情も深まって「あぁ、大事だなぁ」と思うようになってくる。

それに対して男性は、付き合いたて、なんなら付き合うまでが1番盛り上がってて、手中に入るとテンションが落ち着く。だから、そのギャップに女性は「釣った魚にエサをやらないってこういうことよねー」なんてボヤくんですよね。苦笑

これって本能的に、男性は狩りをして、女性は家を守る、そんな構図があるからじゃないかと。男性は瞬発的なんですよね。それに比べて女性は子育てをすることも含めて、じっくり愛情をそそいで見守る性質が強いんだと思います。

実際に、「落とすまでが楽しい」と言ってた知人の男性がいますもの。そういう達成感を求めて、いろんな人とデートする男性もいるんだろうなー。別にそれが悪いとは言わないけど、パートナーがいるならうまくやってねとは思いますね。笑

この男女の違いって埋められるものではないですが、そういう違いがあるということを知っておくだけで、少し氣が楽になるんじゃないでしょうか?逆に寂しくなる?いずれにせよ、相手の性格や特性を理解することは、パートナーシップをよりよくするには大切ですね。

ひとつ言えることは、好きになること、好きが増すこと、自分の氣持ちが相手より大きくなる(そう感じる)ことは、“負け”じゃないですからね。笑

そこんとこよろしく!


お知らせ
3月31日大阪でセッション可能です。
都内・出張・イベントDay