聖人君子にはなれない。

おはようございます。張り切って洗濯したら曇っております。(予報を見なさい)

さてみなさん、理想の自分像ってありますか?私は30代半ば、よく「仏になりたい」と言っていました。成仏したいって意味ではなく。出家したいということでもないです。笑

何事にも揺り動かされず、常に慈愛の眼差しで人を見て、シンプルに生きていたい。そう思っていました。柔らかい優しさも兼ね備えた、菩薩の方な人になりたいと。

「仏になりたい、という欲がある時点で、それはもう無理ですね」

とあるイケメンにそう言われてハッとしました。

そうか、私はすでに欲を持っているってことか。無欲になんてなれないわ。

「仏、撤回!!俗人として生きていきます!」

あれ以来、仏になりたいなんて言ってません。むしろ最近では自分のゲスさも認めています。これは夫からのひと言が大きかった。

「りんちゃんとは、ゲスいところも似てたりするやん?」

ニコニコしながらそう言われたとき、頭カチ割られた衝撃が…

薄々は感じていた、というか隠していたつもりの私のゲスさ、器の小ささ、見抜かれておった。。。恥ずいぜ

パートナーの前で取り繕ってたってアカンね。それは他の人の前でも同じ。

「私はイイ人なんですよ~、だから安心してくださいね~。」

そんな薄っぺらい演出は早々にバレるし、潔くないために悪目立ちする。そして嘘くささが滲み出てくる。実際、嘘をついているのと同じだからね。

嘘は自分を縛る。自由を奪う。

諦めよう。聖人君子になんてなれないのだ。

私が仏に“なりたい”と願ったのと同じで、そうなりたいと思った時点でそれは“欲”であり、自分に備わっていないものだから。

自分が空っぽであることを認めると、人生は究極に豊かになる。

ありのままで生きるってそういうこと。

聖人君子
立派な人徳やすぐれた知識・教養を身につけた理想的な人物。 ▽「聖人」は最高の人格を備えた人。 「君子」は学識・人格のすぐれた人。

goo辞書
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる