人は引き合う。

いつも難ありなパートナーを選んでしまう人や、普段はサバサバキャラを装っているのにこと恋愛となると依存気味でじっとりキャラになってしまう人、なんとなく恋愛がうまくいかないなという人は「次の恋愛こそ」と思って新しいパートナーとの関係を良くしようと奮闘するにも関わらず、何故だかまた同じような結果に終わったり、同じような行動をとって重い女認定を受けたりする。苦笑

どうして繰り返すのか?それはその人の根本が実は変わっていないから。

根本とは“恋愛をする目的”というとわかりやすいかもしれない。

え、目的なんて「幸せなパートナーシップを築くことでしょ」「愛し愛されて幸せに浸ること以外にある?」なんて声が聞こえてきそうだが、実際の目的は本人も氣づかない無意識なところにあったりする。

過去の私でいうと【人はどうせ離れていく】つまり【こんな私じゃダメなんだ】という確認のために恋愛をしてきてたようなもので、もちろんそれは自分でわかってないから「なんでまた上手くいかないんだろう」「もうこんな氣持ちの上がり下がりが激しい自分は嫌なのに」と常に思っていた。それを克服したいがために恋愛の中で訓練したいのに、みたいな。(訓練…笑)

でも自分の無意識領域では、私の軸として“人は私から離れていくという価値感”がセットされているため、何をやってもその基準にちゃんと戻してくれるありがた迷惑な機能が働いている。しかもこの価値観にフィットした相手(つまり私を雑に扱ったり、いずれ離れていくような人たち)をきちんと引き合わせてくれるからその機能性の高さたるやAI並みだな。恐ろしい話やで、まったく。

心の底にある目的に氣付き「なんだ、そういうことだったか!」とその仕組みを知り、自分の持っていた目的(価値観)ごと取り換えてしまえば引き合う人の種類も変わる。パートナーはもちろん、お仕事相手や友人なども同じ原理だ。

私の場合は「人は離れていかない」というところと「たとえこの先独りであっても大丈夫」というところを落とし込んだら夫との再婚が決まった。価値観を変えるというのは恐怖を取り除くということと同じなのかもしれない。

自分が安心を基盤にしていると、安心できる人間関係を築くことができる。安心で繋がる相手と引き合うからだ。逆を言えば、いま周りにいる人がどんな様子かを見れば、自分の状態も見えてくる。

人と人は引き合う。どんな共通項で引き合いたいか?それを先に手にすればいい。