DINKs。

DINKs(ディンクス)とは、共働きで子供を意識的に作らない、持たない夫婦、またその生活観のことを指すアクロニム。 Double Income No Kids(2収入、子供なし)の頭文字などを並べたもの。―Wikipediaより

我が家に子供はいない。結婚当初、というか付き合い始めてまだ再会していない頃に子供については話をしていて、流れに任せようという結論に落ち着いていた。

例のメッセンジャー事件(?笑)の時にはお互い「子供も欲しいな、なんて思ってきたんだよね」なんてやり取りをしていたんだけれど、実際に一緒に暮らし始めてみると、これまた2人とも「あれ?ただ一緒に居られる存在が欲しかっただけか。寂しかったのか、自分。」という氣付きがあり、子供を持つことがマストではなくなった。

積極的に妊活をするわけでもなく、不妊かどうかを確認するわけでもなく、できたらできたで、のスタンスで2年ほど過ごし、最近【子供を持たない】という選択をした。選択と言うと大袈裟だけど、「ま、もういいよね」的な感じ。

年齢的なこともあるし、どうしても子供が欲しいという氣持ちがないこと、どちらかといえば居なくていいなと思っていること、何より2人でいるのが楽しいということ、感覚のすべてが夫と合致したことがありがたい。

そして、こういう話を氣を遣わずにできることが嬉しかった。

子供、という生き物についての観察眼は教師である夫の方が優れていて、その生態についてもよく話してくれる。ちなみに私は子供が好きじゃない。苦笑

それでも、子供を持ったらと想像したのは、母となる自分に興味が湧いたから。これまでの学びを子育てにどう活かせるか?と考えたから。完全なる実験欲。それはいかんね(笑)夫婦の実験だけにしておきます。ふふふ

DINKs、私たちはディンクス。

ダブルインカムノーキッズ。

 

平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる