子供がいなくても子供のためになっていることがあった。

昨日は海で泳いで疲れたはずなのに、今朝はスッキリ目覚めました!やっぱり自然に触れるとリフレッシュしますね。特に私は水が好きなので、泳ぐことって身体もリラックスできます。

我が家は長男長女のカップルだからか、私も夫も、親との距離はそんなに近くありません。それぞれが自立して暮らしてるという感じです。特にうちの両親は干渉してこない人たちなので、余計にそうですね。笑

あ、その話で思い出した。私、昔スネてたから、大学時代に「私はよくしっかりしてるって言われるけど、しっかりしてるから放っておいて大丈夫なんじゃなくて、放っておかれたからしっかりしたんです」みたいなことを親に伝えたの!しかもFAXで!!爆笑

かまってほしかったんでしょうねぇ。でも、かまわれすぎたら嫌なくせにね。天邪鬼だわ。という若気の至りでしたっ。笑

話を戻して。

うちでは、そういう“親との距離感”という話によくなるんですが、夫は今「教育の目的は自立」ということを念頭に置いて仕事をしているので、手をかけ過ぎないということを推奨しています。大人が決めることじゃない、子供たちはちゃんと考えられるし決められる。そういつも言っています。

そして、お母さんが子供を怒り過ぎてしまうのは、旦那さんとのコミュニケーション不足も影響していると考えているそうです。旦那さんが奥さんの負担を少しでも請け負ってくれて、たまには2人だけででかけて、お母さんとして、本人がリラックスして満たされていれば、子供に対する不満や不安も減って、その方が子供にはいい影響があるのに、とのことです。

親子関係のみならず【すべては自分から】という考えは、私もよくお客さまにお伝えしています。親が幸せであれば子供も幸せを感じられるはずだし、嫁が幸せなら旦那も幸せに過ごせるだろうし、穏やかでリラックスしている状態というのは、周りにも素敵な余波が広がります。

誰かをコントロールせず、自分が楽しめばいいんです。

うちの場合は、教師である夫のコンディションが目の前の生徒に影響するのだから、夫のコンディション、特にメンタル面が整っていると、いい環境が創れるわけですよね。ということは、私のコンディションが良ければ、それが夫に影響し、ひいては生徒さんのコンディションに繋がるんだわ、って話になったんです。

なんだかすごく不思議だけど、私が自分を整えることが、子供たちの状態を良くすることに繋がっているんだなぁと。やっぱりみんな繋がってるんだねー。

そして夫はこうも言いました。
「子供は日本の未来を創るからね」

そっか、私は日本の未来に関わっているんだな。

私には子供はいないけど、巡り巡って、子供のためになっていることがあるんだな。

夫の職業柄そんなことを思いましたが、みなさんでも同じことが起きてるんじゃないかなぁ。実際にお子さんがいらっしゃる場合は、もちろん直接的に子供のためになってるでしょうし、会ったこともない、もしかしたら他の国の子供たちにだって、“自分を整える”ということで貢献していることはたくさんあると思うんです。

力んで「貢献しなきゃ!」って必要もないと思いますが、自分の考えや行動が、どこかで誰かの幸せに繋がっているなら、それって嬉しいですよね♪そのくらい軽くでいいと思います。

あなたの幸せは、誰かの幸せ。

今日も素敵な1日を~♡

個人セッションは9月末で終了いたします
平日5:30~Instagramで朝活ライブ配信。
しなやかに生きるヒントをお届けしています。

バックナンバーを聞いてみる